看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

疾病の成り立ち/感染と予防

看護学入門 3

疾病の成り立ち/感染と予防



B5判/310頁/定価2,640円(本体2,400円+税10%)
ISBN:978-4-8392-2255-0
第3版/2017年 11月


●説明
                                            
立ち読み ←こちらをクリックすると商品の一部を閲覧できます


《疾病の成り立ち》
○〈病理学総論〉と〈病理学各論〉の2編構成です。〈病理学総論〉では,“ 病気はなぜ発生するのか”,“どのようなもの
 なのか”というメカニズムを, 器官別ではなく「炎症」や「がん」などの生体反応として横断的に全体を見渡すことで
 基礎的な知識が学べます。また〈病理学各論〉では各器官に生じる病変として引き起こされる「疾患」の変化の様子を
 細かく学べます。
○各領域の基礎となる“疾病の成り立ち”を,豊富な写真・イラストで理解できます。また, 分類や原因, その他必要に
 応じて要点を理解しやすい表にまとめています。

《感染と予防》
〇病原微生物を分類ごとにわかりやすくまとめ, 感染予防の理解に役立ちます。
○微生物とはどのようなものか, 感染症はどのように分類されているのか, 関連する法律は何か, など概要を学ぶ〈総論〉
 と, それぞれのカテゴリーで病原微生物について詳しくまとめた〈各論〉の2編構成としています。
○〈総論〉で取り上げている「感染制御」では, 看護の基礎となる予防に関する滅菌・消毒の具体的な方法や物品の解説,
 注意点をまとめています。また, 感染治療については治療方法や使用される薬を詳しくまとめています。


●監修/編集/執筆者●(執筆順)
《疾病の成り立ち》
監修
太田 秀一(昭和大学名誉教授)
編集
瀧本 雅文(昭和大学医学部臨床病理診断学講座教授)
執筆
太田 秀一(昭和大学名誉教授)
塩川  章(昭和大学横浜市北部病院臨床病理診断科客員教授)
矢持 淑子(昭和大学医学部臨床病理診断学講座准教授)
瀧本 雅文(昭和大学医学部臨床病理診断学講座教授)
塩沢 英輔(昭和大学医学部臨床病理診断学講座准教授)
秋田 英貴(昭和大学医学部臨床病理診断学講座兼任講師)

《感染と予防》
執筆
辻  明良(東邦大学名誉教授)
●目次
《疾病の成り立ち》

第1編 病理学総論

第1章 疾病の成り立ちを学ぶ
 T 病理学の範囲
 U 病理学総論と病理学各論

第2章 病気の種類とその要因
 T 「病気」の考え方
 U 病気の種類とその要因

第3章 先天異常
 T 先天異常の定義・分類・発生機序
 U 代表的疾患

第4章 退行性病変と進行性病変
 T 退行性病変 
 U 進行性病変

第5章 循環障害
 T 循環とは
 U 循環障害
 V 局所循環障害@;基本的病態
 W 局所循環障害A;特別な型
 X 水および電解質代謝異常
 Y 全身的な循環障害
 Z 循環障害による代表的な疾患

第6章 炎症
 T 炎症とは
 U 炎症の分類

第7章 腫瘍
 T 腫瘍とは
 U 腫瘍の種類

第8章 免疫
 T 免疫とは
 U 免疫機構による病変

第9章 臨床病理検査

第2編 病理学各論

第1章 呼吸器疾患
 T 上気道の疾患
 U 下気道(気管支,肺)の疾患
 V 胸膜の疾患
 W 縦隔の疾患

第2章 循環器疾患
 T 虚血性心疾患
 U 炎症
 V 心筋症
 W 血管の病変

第3章 消化器疾患
 T 口腔疾患
 U 唾液腺疾患
 V 食道疾患
 W 胃疾患
 X 腸疾患
 Y 肝臓疾患
 Z 胆嚢・胆道疾患
 [ 膵臓疾患

第4章 血液・造血器疾患
 T 貧血
 U 白血病
 V 悪性リンパ腫
 W その他の血液・造血器疾患

第5章 内分泌・代謝疾患
 T 下垂体疾患
 U 甲状腺疾患
 V 副甲状腺疾患
 W 副腎疾患
 X 膵島腫瘍
 Y 糖尿病
 Z その他の内分泌・代謝疾患

第6章 腎・泌尿器疾患
 T 腎臓の疾患
 U 尿路・男性生殖器疾患

第7章 脳・神経疾患
 T 頭部外傷
 U 脳浮腫と頭蓋内圧亢進症
 V 脳血管障害
 W 炎症性疾患
 X 脱髄疾患
 Y 変性疾患
 Z 脳腫瘍

第8章 女性生殖器疾患・乳腺疾患
 T 性器疾患
 U 子宮疾患
 V 卵巣疾患
 W 乳腺疾患
 X その他の女性生殖器疾患

第9章 運動器疾患
 T 骨疾患
 U 関節疾患
 V 筋肉と軟部組織の疾患

第10章 感覚器疾患
 T 皮膚疾患
 U 眼疾患
 V 耳疾患


《感染と予防》

第1編 感染と予防 総論

第1章 微生物の基礎
 T ヒトと微生物
 U 病原微生物学の発展
 V 微生物の概要
 W 細菌の基礎

第2章 微生物と感染
 T 感染症とは
 U 感染経路
 V 微生物の攻撃力
 W 生体の防御力
 X 感染と発症
 Y 免疫

第3章 感染症法・検疫法
 T 感染症の分類
 U 感染症法
 V 検疫法と検疫感染症

第4章 感染制御
 T 感染予防
 U 感染治療

第5章 環境の微生物
 T 人体の常在菌叢
 U 空気中の細菌
 V 食品の細菌

第2編 感染と予防 各論

第1章 細菌
 T グラム陽性球菌
 U グラム陰性球菌
 V グラム陽性桿菌
 W グラム陰性桿菌
 X マイコプラズマ
 Y スピロヘータ

第2章 リケッチア・クラミジア

第3章 ウイルス
 T ウイルスの基礎
 U 主要ウイルス

第4章 真菌

第5章 原虫

第6章 プリオン