看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

基礎看護1

看護学入門 6

基礎看護1



B5判/680頁/定価4,840円(本体4,400円+税10%)
ISBN:978-4-8392-2261-1
第6版/2018年 11月


●説明
                                            
《看護概論》
○看護の本質を, 看護の対象者についての理解と,多様な場における看護活動・医療安全・専門職としての役割への理解を
 通して, イメージしながら学ぶことができます。
○医療の場が地域・在宅へ移行していくことを意識し,地域支援のあり方や, 多職種の理解・連携についても解説して
 います。
○看護を提供する対象との関わりについて, 身体的なケアだけでなく, 信頼関係を築くうえで必要な視点や, 心理的な理解・
 サポート, 健康教育の重要性も解説しています。
○各領域での実践的な学びに向けた導入として, 看護活動を概観し, 看護の必要性や方法を解説しています。
○2019年版改訂で、准看護師教育に求められる内容に即した記述の加筆・見直しを行いました。
 また、全体のメンテナンスとして学生の理解がよりスムーズになるよう、適宜平易な文章へと書き換えました。

《基礎看護技術》
○看護技術の手順とポイントを豊富な写真で示し, 留意点や理由・根拠とともに視覚的に理解できるように工夫しています。
 コマ割りのように順を追った流れで掲載している写真は, 1つ1つの動きや, 関連するポイントを確認しながら学習を
 進めていける強力なサポートとなります。


《看護概論》
編集
矢野 章永 共立女子大学名誉教授
中原るり子 共立女子大学看護学部教授

執筆(執筆順)
中原るり子 共立女子大学看護学部教授
山崎 章恵 共立女子大学看護学部教授
野崎真奈美 順天堂大学医療看護学部教授
小山田恭子 聖路加国際大学教授
佐藤 昭太 自衛隊中央病院看護部

《基礎看護技術》
編集
森 美智子 日本赤十字秋田看護大学名誉学長
今留  忍 東京家政大学看護学部看護学科学部長, 教授

執筆(執筆順)
千葉 京子 日本赤十字看護大学准教授
岩田みどり 東京家政大学看護学部教授
安達 祐子 東京家政大学看護学部看護学科学科長, 教授
鈴木 幹子 東京家政大学看護学部看護学科教授
大西 潤子 青梅市立総合病院看護局長
鈴木美恵子 前日本赤十字広島看護大学教授
森 美智子 日本赤十字秋田看護大学名誉学長
今留  忍 東京家政大学看護学部看護学科学部長, 教授
横森久美子 東京家政大学看護学部看護学科助教
谷岸 悦子 東京家政大学看護学部看護学科准教授
●目次
《看護概論》

第1章 看護のとらえ方
 T 看護とは
 U 看護のとらえ方の変遷
 V 看護理論家がとらえた看護の本質
 W 職能団体が定義する看護
 X 看護師・准看護師の役割

第2章 対象の理解
 T 生活者としての存在
 U 成長・発達する存在
 V 統合体としての存在
 W 患者心理の理解とその必要性
 X 患者と看護師の関係

第3章 健康の概念
 T 健康という考え方
 U 健康の定義
 V 健康のレベルとニーズ

第4章 看護活動
 T 病院における看護活動
 U 地域における看護活動
 V 病院組織と看護体制

第5章 看護者としての倫理
 T 人としての倫理
 U 基本的人権
 V 医療倫理
 W 看護倫理

第6章 医療安全と看護
 T なぜ医療安全を学ぶのか
 U 医療安全の動向
 V 医療安全に関する基礎知識
 W 事故発生のメカニズムとその対策
 X 医療安全における感染対策

第7章 職業と看護
 T 職業と看護職
 U 看護職の役割と看護業務
 V 専門職としての看護師
 W 看護職としての国際協力

第8章 健康を守る保健医療福祉のしくみと看護
 T 保健医療福祉のしくみ
 U 保健医療福祉施設の種類と役割
 V 地域における多職種連携
 W 保健医療福祉対策

第9章 看護の変遷(看護史)

看護師年表

参考資料 トリアージ


《基礎看護技術》

序章 看護技術とは
第1章 看護技術の基本
 T コミュニケーション
 U 観察
 V バイタルサイン
 W 身体各部の計測
 X 記録と報告
 Y 看護過程

[付]クリティカルパス

第2章 日常生活に対する援助技術
 T  日常生活に対する援助
 U  環境調整の技術
 V  事故防止のための技術
 W  感染予防の技術
 X  姿勢と動作
 Y  体位変換の援助
 Z  移動・移送の援助
 [  衣生活の援助
 \  食生活の援助
 ]  排泄の援助
 Ⅺ  清潔の援助
 Ⅻ  活動と休息のための援助
 ]V 褥瘡予防のための援助

第3章 診療に伴う看護
 T  診察
 U  主な検査
 V  画像診断のための各種検査法
 W  与薬
 X  輸血
 Y  経管栄養法
 Z  中心静脈栄養法(IVH)
 [  罨法
 \  浣腸
 ]  導尿
 Ⅺ  洗浄
 Ⅻ  穿刺
 ]V 吸引
 ]W 吸入
 ]X 包帯法
 ]Y 診療・処置に用いられる物品の種類と取り扱い方

付章 看取りのケア
 1.看取りのケアとは
 2.遺族へのケアとは
 3.援助の基礎知識
 4.死後のケアとは
 5.援助の実際