看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

女性看護学

 

女性看護学

women's Health

著者/吉沢 豊予子 
    東北大学大学院医学系研究科保健学専攻教授
著者/鈴木 幸子 
    埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科教授
B5判/388頁/定価4,104円(本体3,800円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1348-0
第1版/2008年 10月

カートに入れる


●説明
 本書は、女性のそのからだに“子どもを産むしくみが備わっている”ことから、看護においてさえ“母性”としての側面だけからとらえられていたのに対し、その生涯を通じた“女性”としての理解・健康支援をのべた意欲作『女性の看護学』の改題しての新版である。
 旧版刊行より8年余りが経過し、その間においても国内ではDV法の制定に始まる女性にかかわるさまざまな法制度の確立、あるいは「女性外来」が全国的な広がりをもつような社会情勢の変化を取り入れる一方、本書が看護書であることから、その基本である「人間・環境・健康・看護」に基づく構成を堅持した。また、新刊刊行にあたり、“女性看護学”が一つの学問分野として十分な市民権を得、十分に機が熟したとの認識から本タイトルへと改題した。
●目次
第T章 女性を中心にすえた健康の概念

  1. ウィメンズヘルスの発達 
  2. リプロダクティブ・ヘルス/ライツ 
  3. 日本・世界の女性の健康

第U章 女性の理解

  1. 女性のライフサイクル
  2. 女性の成長・発達
  3. 女性の意思決定
  4. 女性のセクシュアリティ
  5. 女性の喪失

第V章 女性を取り巻く社会的・文化的文脈

  1. 社会的・文化的文脈とは
  2. 家族生活と女性の健康
  3. 女性の健康に関連する保健施策
  4. 女性の健康に関連する保健施策と今後の課題

第W章 女性のからだの特徴と健康

  1. 女性のヘルスプロモーション
  2. ライフサイクルからみた女性の健康
  3. 女性と栄養
  4. 女性と月経
  5. 女性のセクシャルヘルス
  6. 女性のメンタルヘルス
  7. 働く女性の健康
  8. アルコール、喫煙、薬物と女性の健康
  9. 乳房の健康
  10. 生殖器にかかわる健康
  11. 生殖器以外の疾患をもつ女性の健康
  12. 不妊女性の健康問題
  13. 生殖医療技術と女性の健康
  14. STI、HIVと女性の健康
  15. 女性に対する暴力と健康

第X章 女性の健康と看護の展開

  1. ウィメンズヘルスの実践
  2. 女性の健康のアセスメントと自己管理
  3. 女性のエンパワーメントに注目した援助方法
  4. 女性の健康と補完代替療法