看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

コミュニケーション技術

最新介護福祉全書 4

コミュニケーション技術



B5判/208頁/定価2,090円(本体1,900円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3193-4
第2版/2014年 12月


●説明
                                            
●文章では伝わりにくいコミュニケーションの実際のやりとりを、詳しい事例をとおしてわかりやすく展開し解説します。
●「 利用者・家族とのコミュニケーションの実際」は、カリキュラムに沿って充実させ、「利用者本人と家族の意向の
 調整を図る技法」などの項目を新たに加えます。
●本書はシリーズ第1巻『人間の理解』の「第2編 人間関係とコミュニケーション」を受けた技術編となります。単に
 介護に必要なコミュニケーションの技術を示すだけではなく、多くの事例を示すことで、介護福祉士としてのコミュニ
 ケーション能力を高めることを目的としています。
●介護の対象者とのコミュニケーションばかりでなく、チームにおけるコミュニケーションの方法にも触れることで、他の
 専門職との連携が学べる構成としました。


編集
松井 奈美(植草学園短期大学教授)

執筆(執筆順)
松井 奈美(植草学園短期大学教授)
伏見 幸子(彰栄保育福祉専門学校教務主任)
石井 理美(山野美容芸術短期大学准教授)
黒川 京子(日本社会事業大学実習教育研究・研修センター講師)
橋真理子(日本社会事業大学社会福祉学部)
吉見 啓子(地域生活支援センターふれあいの郷)
東條みゆき(浦和大学短期大学部講師)
根岸 幸徳(福祉プラザ台東清峰会デイサービスセンター係長)
熊谷 徹子(浦和大学短期大学部教授)
丸山  香(陽だまり居宅介護支援事業所主任介護支援専門員)
●目次
第1章 介護におけるコミュニケーションの基本
 T 介護福祉実践におけるコミュニケーションの意義・目的・役割
 U 利用者・家族との関係づくり 
 V 敬語の使い方の基本

第2章 利用者・家族とのコミュニケーションの実際
 T 受け止めるコミュニケーション
 U 利用者の心に変化を与えるコミュニケーション
 V ケアの場面から学ぶ「こんなときどうする?」
 W 家族とのコミュニケーション

第3章 利用者の状況・状態に応じたコミュニケーション
 T 障害のある利用者とのコミュニケーションの基本
 U 利用者の状況・状態に応じたコミュニケーションの技法の実際

第4章 介護におけるチームのコミュニケーション
 T 記録による情報の共有化
 U 報告と申し送り
 V 会議