看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

発達と老化の理解

最新 介護福祉全書 9

発達と老化の理解

編集/林 泰史(東京都リハビリテーション病院院長)
編集/長田 久雄(桜美林大学大学院老年学研究科教授)
B5判/260頁/定価2,592円(本体2,400円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3196-5
第2版/2013年 12月


●説明
立ち読み
●目次
第1章 人間の成長と発達の基礎的理解
 T 人間の成長と発達
 U 発達理論
 V 形態的成長
 W 身体機能の発達
 X 精神運動機能の発達
 Y 心理社会的発達
 Z 発達段階別にみた成長と発達
 [ 発達の評価
第2章 社会からみた老年期
 T 社会は老年期をどうとらえてきたか
 U 高齢者施策の推移
 V 今日の老年期をめぐる問題
 W これからの老年観
第3章 ライフサイクルのなかの老年期
 T ライフサイクルのなかの老年期とはどのような時期か
 U 今の高齢者が生きてきた時代とは
第4章 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
 T 老化に伴う心身の変化の特徴
 U 身体的機能の変化と日常生活への影響
 V 知的・認知機能の変化と日常生活への影響
 W 精神的機能の変化と日常生活への影響
 X 身体機能の低下の予防
 Y 精神機能の低下の予防
第5章 高齢者の心理
 T 高齢者の気持ちを理解するには
 U 高齢者の様々な気持ち
 V 高齢者の気持ちを踏まえたかかわり
第6章 高齢者に多い症状・病気
 T 高齢者に多い症状と日常生活における留意点
 U 高齢者に多い病気と日常生活での留意点
 V 要介護高齢者にかかわる介護福祉士と保健・医療職との連携
参考資料
 要介護高齢者の介護で出合う病気