看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

放射線診療と看護

新体系 看護学全書 
別巻

放射線診療と看護

編集/池田 恢 市立堺病院副院長

B5判/268頁/定価2,808円(本体2,600円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3253-5
第1版/2007年 11月


●説明
放射線医療の現場では、医師よりも身近な存在となる看護師に質問をする患者さんも多いと思います。この巻ではそのような疑問・質問にしっかりと応えるために必要な知識が身につけられる様、実際に役立つ正しい知識を学んでいただく事に重点を置いています。
付録で放射線医療・癌医療に関する情報を得るのに信頼のおける情報元なども掲載しており、実際に使える1冊を意識しました。
第3章では緩和医療・ターミナルケアについての節を設けており、安らかな死への援助の仕方についても記述しています。


執筆者
池田 恢(市立堺病院副院長)石井和美(国立がんセンター中央病院看護部)
荒井保明 (国立がんセンター中央病院放射線診断部長)青木 学(東京慈恵会医科大学医学部放射線医学講師)
小西恵美子(佐久大学看護学部教授)河内山祐子(東京慈恵会医科大学附属病院看護部)
小林晶子(国立がんセンター中央病院看護部) 荻野 尚(国立がんセンター東病院粒子線医学開発部長)
阿部容久 (国立がんセンター中央病院放射線治療部)戸谷美紀(国立がんセンター中央病院看護部)
馬屋原博(国立がんセンター中央病院放射線治療部)梅澤志乃(国立がんセンター中央病院看護部)
角美奈子(国立がんセンター中央病院放射線治療部)清水 研 (国立がんセンター中央病院精神科)
藤本美生 (兵庫県立粒子線医療センター看護科)井原完有(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
末國千絵(国立がんセンター中央病院看護部)楠本昌彦(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
鈴木茂伸(国立がんセンター中央病院眼科医長)岩本恵理子(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
加賀美芳和(国立がんセンター中央病院放射線治療部)岩田良子(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
大田洋二郎(静岡県立静岡がんセンター歯科・口腔外科部長)永井優一(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
伊藤芳紀(国立がんセンター中央病院放射線治療部)宮川国久(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
牛島有実子(国立がんセンター中央病院看護部)荒井保典(国立がんセンター中央病院放射線診断部)
今井 敦(大阪府立成人病センター放射線治療科医長) 
●目次
第1章 放射線の医療への応用
 1 放射線の種類と性質
 2 放射線の医学利用
 3 健康影響とその管理
 4 放射線診療と看護師の役割

第2章 癌と放射線診療
 1 癌の性質とその治療・ケア
 2 放射線治療:その効果と副作用(有害事象)
 3 放射線治療実施までのプロセス
 4 放射線治療時のケア

第3章 放射線治療と看護
 1 主な疾患の放射線治療と看護
 2 放射線化学療法
 3 特殊な放射線治療
 4 緩和医療とターミナルケア

第4章 放射線診断と看護
 1 X 線診断と看護
 2 血管撮影・IVR と看護
 3 MRI 検査と看護
 4 超音波検査と看護

第5章 核医学と看護
 1 核医学とは
 2 核医学の分類
 3 放射性核種
 4 放射線の特徴
 5 核医学での使用する単位
 6 半減期
 7 放射性医薬品
 8 核医学体外計測
 9 シンチグラム検査各論
10 PET 検査各論
11 治療(内照射療法)

付 録:放射線医療・癌医療に関する情報を得る手段
●その他



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ↓