看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

臨床検査

新体系 看護学全書 
別巻

臨床検査



B5判/288頁/定価2,860円(本体2,600円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3254-2
第1版/2006年 12月


●説明
                                            
目覚ましい進歩を遂げる検査・診断について安全な看護の実践に不可欠の知識を整理しました。
的確なアセスメントを行うには、患者の臨床データのもつ意味の理解が重要です。そのために、本書は基本的知識を整理するのみならず、検査法や基準値、あるいは心電図の読み方等を掲載するなど、臨床で使える書に視点を置いて編集しています。
多くの図表により、読む臨床検査の書から、見る臨床検査の書として利用できるよう工夫しました。


編集
池田   斉 前埼玉医科大学総合医療センター中央検査部教授

執筆者
池田   斉 前埼玉医科大学総合医療センター中央検査部教授
菊地  春人 慶應義塾大学医学部講師
小池 由佳子 小平記念東京日立病院内科
矢冨   裕 東京大学大学院医学系研究科・医学部教授
野村  文夫 千葉大学大学院医学研究院教授
〆谷  直人 国際医療福祉大学熱海病院検査部長
菅野  治重 根病院副院長
水口  國雄 帝京大学医学部附属溝口病院臨床検査科科長
来住野  修 埼玉医科大学国際医療センター中央検査部係長
松尾  収二 天理医療大学医療学部教授
●目次
第1章 臨床検査の基本
 1 臨床検査とは
 2 医療における臨床検査の意義
 3 臨床検査の仕組み
 4 臨床検査における看護師の役割

第2章 臨床検査の進め方
 1 臨床検査の種類
 2 検体採取から提出までの注意事項
 3 臨床検査の実際
 4 臨床検査データの読み方
 5 検査による事故と防止策

第3章 一般検査
 1 尿検査
 2 糞便検査
 3 髄液検査
 4 穿刺液検査

第4章 血液検査
 1 末梢血液検査
 2 末梢血液像
 3 血液凝固・止血検査
 4 骨髄検査
 5 染色体検査

第5章 臨床化学検査
 1 糖尿病関連検査
 2 高脂血症関連検査
 3 肝機能検査
 4 膵機能検査
 5 腎機能検査
 6 電解質検査
 7 尿酸検査
 8 ビタミンの検査

第6章 免疫血清検査、輸血検査
 1 免疫血清検査とは
 2 炎症・感染症関連の検査
 3 自己免疫関連の検査
 4 免疫細胞関連の検査
 5 腫瘍関連抗原の検査
 6 輸血検査

第7章 ホルモン検査
 1 ホルモン検査総論
 2 ホルモン検査各論

第8章 微生物検査(感染症検査)
 1 検体採取
 2 微生物検査の種類と適応
 3 病原微生物の種類とその概要

第9章 病理学的検査
 1 病理学的検査の種類
 2 検体の種類と保存法および検査室への提出法
 3 病理検査の実際

第10章 生理機能検査
 1 循環機能検査
 2 呼吸機能検査
 3 神経筋検査
 4 超音波検査
 5 その他の生理機能検査

第11章 POCT─ベッドサイドでの簡易な検査─
 1 POCTとは
 2 POCTの対象となる臨床検査
 3 看護師がPOCTにかかわることの意味
 4 機器・試薬の管理とデータの管理
 5 臨床検査室(技師)との連携とPOCTコーディネータ
 6 各検査のピットフォールおよび留意点



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ