看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

公衆衛生看護学概論

最新 保健学講座 1

公衆衛生看護学概論



B5判/254頁/定価3,410円(本体3,100円+税10%)
ISBN:978-4-8392-2179-9
第4版/2015年 11月


●説明
                                            
●保健師を目指す学生が身につけるべき,概念,歴史,対象,社会環境,地域住民の保健行動などの保健師活動の基本的な
 内容を網羅しています。
 ▶保健師の基礎となる概念,理念,心構えを学生に伝えられる講義が行えます。
 ▶地域看護学の総論を講義できる基礎テキストとしても十分な内容を含んでおりますので,そちらとしてもご活用いただけ
  ます。
●活動分野や対象の特性をおさえることで,公衆衛生看護活動の展開をイメージしやすくしました。
 ▶初学者がイメージしにくい,保健師活動や対象の特性をおさえ,イメージをできる内容となっており,保健師活動を
  伝える講義展開が行えます。
●保健師活動において必要不可欠な研究的姿勢については,章を立て,十分な記述を心がけています。
 ▶保健師が業務で求められる施策化の基礎となる考え方を,研究をとおして学ぶ講義が行えます。


編集
金川 克子(石川県立看護大学名誉教授,NPO法人いしかわ在宅支援ねっと理事長)

執筆(執筆順)
金川 克子(石川県立看護大学名誉教授,NPO法人いしかわ在宅支援ねっと理事長)
斉藤恵美子(首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授)
松田 正己(東京家政学院大学現代生活学部教授)
小野ツルコ(前関西福祉大学・大学院看護学研究科教授)
宮㟢美砂子(千葉大学大学院看護学研究科教授)
●目次
第1章 公衆衛生看護学の成立基盤
 1 地域看護学の概念
 2 公衆衛生看護学の概念
 3 公衆衛生看護活動の歴史

第2章 公衆衛生看護学の対象と方法
 1 活動の場
 2 活動対象
 3 活動方法

第3章 社会環境の変化と健康課題
 1 社会情勢の変遷
 2 環境
 3 健康に影響する生活環境要因

第4章 地域住民の保健関連活動
 1 個人の健康課題への対処行動
 2 組織としての健康課題への対処

第5章 公衆衛生看護研究
 1 公衆衛生看護研究の基本的理解
 2 公衆衛生看護研究の方法