看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

公衆衛生看護学概論

最新 保健学講座 1

公衆衛生看護学概論

編集/金川克子(石川県立看護大学名誉教授、)

B5判/254頁/定価3,348円(本体3,100円+税8%)
ISBN:978-4-8392-2179-9
第4版/2015年 11月


●説明
● 『公衆衛生看護学概論』は、保健師活動の基本を学ぶことを目的としています。地域看護学の概念と活動の基本を示し、保健師を目指す学生が把握すべき内容を網羅します。
● 地域における健康問題へのアプローチ方法を行動レベルで示すことで、地域看護活動をイメージしやすくします。
● 研究的姿勢を身につけることは、ほけんかつどうには不可欠の要素であることから、章立てのなかで十分な記述を心がけました。
●目次
第1章 公衆衛生看護学の成立基盤
 1 公衆衛生看護学の理念と目的
 2 基本概念とその活用
 3 公衆衛生看護学の歴史
 4 第2次世界大戦後の公衆衛生看護活動の構築
 5 第2次世界大戦後の公衆衛生活動の再構築

第2章 公衆衛生看護学の構成
 1 活動分野の特性
 2 活動対象の特性
 3 活動方法

第3章 社会環境の変化と健康課題
 1 社会情勢の変遷
 2 国際協力
 3 健康に影響する生活環境要因
 4 社会病理

第4章 地域住民の保健関連活動
 1 個人の健康課題への対処行動
 2 組織としての健康課題への対処

第5章 公衆衛生看護研究
 1 公衆衛生看護研究の基本的理解
 2 公衆衛生看護研究の方法