看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

公衆衛生看護管理論

最新 保健学講座 5

公衆衛生看護管理論

編集/平野かよ子(長崎県立大学副学長)

B5判/236頁/定価3,240円(本体3,000円+税8%)
ISBN:978-4-8392-2183-6
第4版/2015年 11月


●説明
● 近年「健康危機管理」についての関心が高まっており、新カリキュラムで、も強調されたことをふまえ「第5章健康危機時の管理」を新たな章として追加しました。災害時の保健師活動だけではなく、災害発生前から、回復期の保健活動までおさえた、実践を意識した解説となっています。
● 保健師活動の基本には、地域で生活する人々の健康問題にアプローチし、病気や障害をもたない暮らし、あるいは病気や障害をもっていても暮らしやすい地域にするという地域看護活動があります。本書『公衆衛生看護管理論Jでは、その方法として保健師の行う地域診断、保健福祉計画の策定、予算化、そして実施・評価までを具体的に記述しました。
● 保健師が行う地域診断の実際を通して、地域の特性や地域住民のニーズの把握方法、そして施策化までを詳述しました。地域診断から事業化までが具体的にイメージできます。
● 自治体の行う保健福祉事業計画の策定と予算化のしくみ、さらに実施から計画の評価・見直しを取り上げ、その流れにおける保健師の役割を学習します。
●目次
第1章 地域診断
 1 地域特性の把握
 2 地域集団の特性の把握(地域診断の実際)

第2章 事業計画と保健師の役割
 1 活動目標・事業計画の策定
 2 事業計画の見直しと評価

第3章 保健福祉計画の策定と予算
 1 地方公共団体における保健福祉対策
 2 予算のしくみ

第4章 公衆衛生看護管理
 1 公衆衛生看護管理の特色
 2 公衆衛生看護管理の基本となるもの
 3 公衆衛生看護管理の諸相

第5章 健康危機時の管理
 1 健康危機管理とは
 2 健康危機管理の体制整備と平常時の活動
 3 災害発生時の保健活動

第6章 地域ケアシステムづくり
 1 地域ケアシステムとは
 2 地域ケアシステムの構築
 3 地域ケアシステム構築のポイント
 4 ケアシステムの構築に求められる資質