看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

公衆衛生看護管理論

最新 保健学講座 5

公衆衛生看護管理論



B5判/236頁/定価3,300円(本体3,000円+税10%)
ISBN:978-4-8392-2183-6
第4版/2015年 11月


●説明
                                            
●保健師が行う地域診断,保健福祉計画の策定,予算化,実施・評価までの流れを具体的に記述しています。
 ▶保健師の活動で重要な施策化のプロセスをイメージさせる講義が行えます。
●保健師が行う地域診断に関する項目を学び,それを実際に活用するための具体的な事例を盛り込んでおり,地域診断から
 事業化までの流れをスムーズにイメージできます。
 ▶地域診断,保健福祉計画の策定,予算化,実施・評価までの流れから事業化までの考えをまとめているので,その
  プロセスが初学者の学生でもイメージしやすいつくりになっています。
●自治体の行う保健福祉事業計画の策定と予算化のしくみ,評価・見直しを,一連の流れを学習できます。
 ▶保健師の活動の場である自治体での事業計画の流れを学べるので,卒後の業務のイメージができます。
●近年,関心が高まっている「健康危機管理」については,「感染症集団発生時の保健活動」を設け,保健所の体制づくりや
 疫学調査,実際の保健活動について学べます。
 ▶健康危機管理と関連させながら,保健所の体制づくりを学ばせることができます。


編集
平野かよ子(長崎県立大学副学長)

執筆(執筆順)
斉藤恵美子(首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授)
高井 純子(港区みなと保健所健康推進課主任主事)
池田 信子(前秋田大学医学部保健学科教授)
平野かよ子(長崎県立大学副学長)
春山 早苗(自治医科大学看護学部教授)
●目次
第1章 地域診断
 1 地域特性の把握
 2 地域集団の特性の把握(地域診断の実際)

第2章 事業計画と保健師の役割
 1 活動目標・事業計画の策定
 2 事業計画の見直しと評価

第3章 保健福祉計画の策定と予算
 1 地方公共団体における保健福祉対策
 2 予算の仕組

第4章 公衆衛生看護管理
 1 公衆衛生看護管理の特色
 2 公衆衛生看護管理の基本となるもの
 3 公衆衛生看護管理の諸相

第5章 健康危機管理
 1 健康危機管理とは
 2 大災害に備えた平常時の保健活動
 3 感染症集団発生時の保健活動
 4 災害発生時の保健活動

第6章 地域ケアシステムづくり
 1 地域ケアシステムとは
 2 地域ケアシステムの構築
 3 地域ケアシステム構築のポイント
 4 ケアシステムの構築に求められる資質