看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

疫学/保健統計

最新 保健学講座 6

疫学/保健統計

編集/丸井英二(人間総合科学大学人間科学部教授)

B5判/274頁/定価3,780円(本体3,500円+税8%)
ISBN:978-4-8392-2184-3
第3版/2015年 11月


●説明
立ち読み

● 保健師活動における疫学の位置づけについて、歴史から紐解くことで、集団の健康問題解決に有効な手段であることが理解できるよう記述しました。疫学的アプローチが具体的にわかります。
● 疫学と車の両輪である統計学ですが、一方で難解な数学の知識が必要だから苦手と感じている初学者も多いと思います。そこで、統計学の面白さと基本的知識を平易にかつ身近な事例もあげながら解説しました。
●目次
<疫 学>
第1章 疫学と地域保健・看護
 1 健康問題へのアプローチ
 2 個人から集団ヘ

第2章 人集間団集の健康健事康
 1 人間集団の健康事象見方
 2 記述疫学と分析疫学

第3章 測度と指標(頻度と曝露)
 1 疾病頻度の指標
 2 曝露効果の指標

第4章 疫学調査法
 1 疫学調査方法
 2 真値と誤差(エラー)
 3 バイアス(偏り)と交絡
 4 交絡の制御
 5 疫学的因果推論
 6 疫学調査の倫理

第5章 スクリーニング
 1 スクーリングの方法
 2 スクリーニングの要件と意義

第6章 感染症の疫学
 1 感染の基礎概念
 2 流行の概念
 3 大要因と予防対策
 4 感染症・食中毒発生時の疫学調査
 5 主な感染症の頻度と分布
 6 感染症に関する主な法規
 7 感染症の発生動向調査


<保健統計>
第1章 統計学の基礎
 1 母計団計と標本基調礎査
 2 データの図表による表示方法
 3 代表値と散布値
 4 推定と検定
 5 統計学で用いられる主な分布
 6 関係の指標
 7 質的変数聞の関連について
 8 母割合に関する推定と検定
 9 母平均値の区間推定
 10 2つの母平均値の差の検定

第2章 人口統計と保健統計
 1 保健統計と健康指標
 2 人口静態統計と人口動態統計
 3 保健統計調査
 4 情報処理のための基礎知識