看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

保健医療福祉行政論

最新 保健学講座 7

保健医療福祉行政論



B5判/290頁/定価4,070円(本体3,700円+税10%)
ISBN:978-4-8392-2185-0
第4版/2015年 11月


●説明
                                            
●本書では,保健師活動に不可欠である法律や制度について学びます。
●保健医療福祉行政のしくみと保健師活動の根拠となる制度の概要を,具体例を通して学ぶことができます。
●保健医療福祉計画についての基本的な考え方,計画の策定過程,推進管理と評価について学びます。
●2016年度の改訂では介護保険制度の改正を踏まえた内容とすることで,より分かりやすく行政のしくみを理解できるように
 なりました。


編集
野村 陽子(岩手医科大学看護学部教授)

執筆(執筆順)
野村 陽子(岩手医科大学看護学部教授)
肥沼 位昌(所沢市財務部市民税課課長)
曽根 智史(国立保健医療科学院次長)
堤  修三(前大阪大学大学院人間科学研究科教授)
知念 希和(島根県健康福祉部健康推進課課長)
遠藤 弘良(東京女子医科大学医学部教授)
増田 雅暢(岡山県立大学保健福祉学部教授)
大内 講一(社会サービス研究会主宰)
伊藤 善典(埼玉県立大学保健医療福祉学部・大学院保健医療福祉学研究科教授)
階恵美子(参議院議員,前日本看護協会常任理事)
山口 道昭(立正大学法学部教授)
打越 綾子(成城大学法学部教授)
佐藤  徹(高崎経済大学地域政策学部・大学院地域政策研究科教授)
●目次
第1章 保健医療福祉行財政の理念と仕組み
 1 保健医療福祉の行政
 2 保健医療福祉の財政
 3 公衆衛生に関する国際的な活動

第2章 保健医療福祉行政の変遷
 1 公衆衛生政策の基盤形成(〜昭和20年代)
 2 新たな課題と政策の発展(昭和20〜40年代)
 3 政策の充実と転換(昭和50年代〜現代)

第3章 保健医療福祉に関する制度
 1 社会保障制度と公衆衛生行政
 2 地域保健の体系
 3 社会福祉の制度
 4 医療の制度
 5 介護保険制度
 6 行政における保健師活動と期待される役割

第4章 保健医療福祉行政の計画と評価
 1 地方自治体の保健医療福祉計画
 2 地方自治体の計画策定
 3 計画の推進と管理・評価