看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

物理学

新体系 看護学全書 
基礎分野

物理学

編著/平田 雅子 前神戸市看護大学短期学部教授

B5判/264頁/定価2,592円(本体2,400円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3121-7
第1版/2007年 11月


●説明
立ち読み

看護教育の場で約30年もの間、物理学を教えてきた著者による、看護を学ぶ学生への思いが詰まったテキストでず。難しいイメージのつきまとう「物理学」も、例えば“石の落下速度を点滴の落ちる速度”に“回転運動なら体位変換”に“エネルギー保存則は赤ちゃんを抱き上げる際の力”に置き換えて向き合ってみたらどうでしょう、きっと楽しく学べる1冊としてお使いいただけます。
今後の看護技術を学んでいく中の一つのピースとして相応しい一冊になっています。
●目次
第1章 質点の力学―体位変換の原理を学ぶ
 1 速度と加速度
 2 ニュートンの運動法則
 3 力学的エネルギーの保存則

第2章 剛体の力学―倒れない条件,倒れにくい条件
 1 トルクとは
 2 剛体の釣り合い
 3 重心とその具体的解釈
 4 重心と安定性
 5 看護の場芯どにみうれるトルクとその考え方

第3章 流体―水中リハビリテーションで感じる体重は?
 1 アルキメデスの原理
 2 べルヌーイの定理

第4章 圧力―圧力と看護の深い関係
 1 気 圧
 2 血 圧 
 3 酸素ボンベ
 4 低圧持続吸引装置
 5 サイフォン
 6 オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)
 7 体圧と使用する単位

第5章 看護に必要な電気学―電気の基本を学んでおこう
 1 電気に関する基本的知識
 2 感電に関する基本的知識

第6章 熱現象―看護に役立つ水の特異性
 1 熱膨張
 2 比熱と潜熱
 3 熱と仕事
 4 熱の移動と保温

第7章 音に関する現象―音と医療の意外な関係
 1 音波の基本的知識
 2 音の強さと大きさ
 3 ドッブラー効果
 4 医療に必要な超音波

第8章 光に関する現象―様々な医療現場で役立つ光
 1 光の性質
 2 全反射とファイパースコープ
 3 レンズと眼鏡
 4 光学器械
 5 紫外線
 6 赤外線
第9章 放射線の防護と応用―毒にも薬にもなる放射線
 1 X線
 2 RIとトレーサー(追跡子)
 3 放射線防護
 4 放射性元素の崩壊と半減期
 5 放射線の単位

付録練習問題
●その他



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ↓