看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2008年10月号

『月刊雑誌』2008年10月号
Vol.54 No11 通巻797号

看護技術2008年10月号

焦 点/骨転移の新しい治療と疼痛管理
高橋俊二(癌研有明病院化学療法科)
ナーシング・フロンティア/患者アドボカシーの実践―いま求められる医療決断サポーター―
稲津佳世子(九州大学大学院医学研究院医療システム学教室・准助教)
B5判/104頁/定価1,188円(本体1,100円+税8%)
401100


●説明
がん患者数の増加と予後延長に伴い,がんの骨転移患者数が増加しています.全がん患者における骨転移の発生頻度は約30%と推定されており,原発部位としては乳がん,肺がん,前立腺がんなどで多くみられます.骨に転移すると,骨関連症状(骨痛,麻痺,病的骨折,脊髄圧迫,高カルシウム血症など)が発現し,ADLに支障を来し,寝たきりになるなど患者の生活の質が低下します.そのため,骨転移に対して痛みの緩和を優先し,病的骨折や脊髄麻痺などになる前に発見し予防,治療することが重要になってきます.
本特集では,骨転移の疼痛管理を中心に,ビスホスホネートや放射線治療などの最新治療の動向も併せて紹介します.
●目次
焦 点
骨転移の新しい治療と疼痛管理


編集協力/高橋俊二(癌研有明病院化学療法科)


--------------------------------------------------------------------------------

骨転移の臨床症状と治療の考え方
 /高橋俊二(癌研有明病院化学療法科乳がん骨転移・原発不明がん担当部長)

骨転移に対するビスホスホネートによる治療
 /緒方昭彦(東京医科大学乳腺科)・他

骨転移に対する緩和的放射線治療
 /伊藤芳紀(国立がんセンター中央病院放射線治療部)

塩化ストロンチウム-89による有痛性骨転移治療
 /吉村真奈(東京医科大学放射線医学教室・講師) ・他

骨転移に対する手術療法
 /佐藤信吾(癌研有明病院整形外科)・他

骨転移のある患者の疼痛緩和―マッサージ,リラクセーション法を用いて
 /柳 奈津子(群馬大学医学部保健学科・講師)

骨転移患者の体動時痛の緩和と病的骨折・
  麻痺予防のための安全な移動・移乗の工夫
  ―患者への援助と指導を中心に
  /田端 聡(癌研有明病院整形外科病棟・看護師) ・他

脊椎転移の骨破壊が強い患者のADLとその対策
 /北原エリ子(順天堂大学医学部附属順天堂医院リハビリテーション室・理学療法士)

多発骨転移に伴うがん性疼痛管理の実際
 /鈴木紀子(癌研有明病院9東病棟・看護師) ・他


--------------------------------------------------------------------------------

ナーシング・フロンティア
患者アドボカシーの実践―いま求められる医療決断サポーター―


医療決断サポーター(支援員)の必要性―その現状と展望
 /稲津佳世子(九州大学大学院医学研究院医療システム学教室・准助教)

医療決断サポーターの実践
  ―院内認定「意思決定支援看護師」の育成と現状の取り組み
 /江口恵子(霧島市立医師会医療センター・看護部長)

--------------------------------------------------------------------------------

十人十色に広がる光景
  /辻本ふさえ(看護師,CTCコーチ,米国NLP協会認定マスタープラクティショナー)

認定看護師の魅力!
  緩和ケア認定看護師
  /石塚裕子(公立富岡総合病院)

スキントラブル解決のワザとコツ(10)
  真菌症(カンジダ症)が生じてしまったら,どのようにケアする?
  /松井佐知子(群馬大学医学部附属病院・副看護師長,皮膚・排泄ケア認定看護師)

すぐ実践! 看護技術スキルアップ
  睡眠の援助
  /平井千晶(順天堂大学医学部附属順天堂医院看護部)・他

障害受容・疾病認識のニューパラダイム(4)
  「Selderのライフ・トランジッション理論」と「Kendall&Buysの適応の統合モデル」
  /舘山光子(北海道医療大学看護福祉学部・講師)・他

救急看護のABC
  胸痛のある患者の看護
  /横山美穂(東海大学医学部付属病院高度救命救急センター・副主任,集中ケア認定看護師)

緩和ケアにおける症状マネジメント
  褥瘡のある終末期がん患者の看護
  /齋藤忠明(済生会横浜市南部病院外科病棟・主任,皮膚・排泄ケア認定看護師)

患者の糖尿病ストーリーを読み解く
 ―エンパワメントからナラティヴ・アプローチへ

  第10回 ストーリー中心面接―Story-centered interview
  /杉本正毅(糖尿病心理研究所・代表)

統合医療問答
 ―一緒に考えよう! 「新たなる医療」

  癒しの場におけるスピリチュアリティーとは?
  /小池弘人(小池統合医療クリニック・院長,群馬大学医学部・講師)

訪問看護のセーフティマネジメント(10)
  訪問看護における記録
   /小西優子(セコム医療システム株式会社訪問看護ステーション看護部・研修室長,ケアマネージャー)
●その他
--------------------------------------------------------------------------------
この夏、メヂカルフレンド社サマーセミナー2010を開催!
「看護技術」「看護展望」の2誌合同特別企画として、
現場での実践にこだわった4テーマをお届けします。
 ●楽しく学ぶ! 血液ガス分析と酸塩基平衡
 ●せん妄の早期発見、早期対応
 ●授業リフレクションのすすめ方
 ●目標設定指導のスキルアップ講座

---------------------------------------------------------------------------