看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2012年8月号

『月刊雑誌』2012年8月号
Vol.55 No9 通巻809号

看護技術2012年8月号

頭蓋内圧のモニタリングと管理
佐藤憲明(日本医科大学付属病院高度救命救急センター・急性重症患者看護専門看護師)
頸動脈ステント留置術(CAS)
坂井信幸(神戸市立医療センター中央市民病院脳神経外科・部長)
B5/104頁/定価1,188円(本体1,100円+税8%)
401080


●説明
◆焦点/頭蓋内圧のモニタリングと管理
脳神経疾患患者のクリティカルケアでは,「頭蓋内圧が高くならないようにするにはどうするか」
「障害が起こらないようにするにはどうするか」の2つのポイントを押さえることが重要です.
したがって,この2つのポイントに的を絞ったモニタリングおよび管理を行うことがベッドサイド
でのよりよい看護の提供につながります.
本特集では,脳神経疾患の患者管理で最も重要な「頭蓋内圧亢進症状」という症状に焦点を当て,
必要な知識とその知識を生かした看護のポイントを解説します.

◆ナーシング・フロンティア/頸動脈ステント留置術(CAS):頸動脈狭窄症の新たな治療の選択肢
日本人の3大疾患の1つである脳卒中の患者数は約12万人にのぼるといわれ,食生活の変化などに
伴い,年々増加傾向にあります.頸動脈狭窄症は,脳に血液を送る頸動脈に動脈硬化が起こり,
血管が狭くなったり,詰まったりする病気で,脳へ十分な血液が行き渡らなくなったり,病変部
のコレステロールや血の塊などが脳の血管に流入して,言葉が出にくい,手足がしびれる,手足
が動きにくくなるなどの症状が現れ,重篤な場合は脳梗塞を引き起こしたりします.
本特集では,2008年4月から保険適用となった頸動脈狭窄症の血管内治療 “CAS”を取り上げ,
頸動脈狭窄症の病態,血管内治療の概要,術前・術後のケアのポイントなどを紹介します.
●目次
--------------------------------------------------------------------------------

頭蓋内圧のモニタリングと管理

1.頭蓋内圧亢進症状のメカニズムとその原因――荒木 尚

2.頭蓋内圧のコントロールと評価――横堀將司

3.頭蓋内圧亢進症状のサインとアセスメント――越道香織

4.頭蓋内圧亢進時の呼吸モニタリング――金井 優

5.頭蓋内圧亢進症状の循環動態モニタリング――戎 初代・他

6.低体温療法と頭蓋内圧モニタリングとその管理――市村健二

7.頭蓋内圧亢進患者のポジショニング――齋藤浩美

--------------------------------------------------------------------------------

頸動脈ステント留置術(CAS)
頸動脈狭窄症の新たな治療の選択肢


1.頸動脈狭窄症の病態と治療選択――坂井信幸

2.頸動脈ステント留置術(CAS)とは――今村博敏

3.頸動脈ステント留置術(CAS)の術前術後ケアと患者管理――坂井千秋・他

---------------------------------------------------------------------------

連 載

●北からの手紙
 丘と雲――吉田年也

●認定看護師の魅力
 認知症看護認定看護師――森林朋英

●からだのしくみと考える看護技術
 生体機能にかかわる技術(8) 罨法――新實夕香理

●ビジュアル! 人工呼吸ケアG
 人工呼吸中の鎮静・鎮痛管理――城戸沙織・他

●米国で活躍するエキスパートナースA  
 循環器ケア<その2>――岡田彩子

●フットケアを実践する8   
 透析患者のフットケア――小泉昌弘・他

●薬に強くなるG 
 解熱・鎮痛薬――遠藤理香・他

●中範囲理論の看護実践での活用G
 障害受容・疾病認識理論の看護実践への活用(2)――佐々木栄子・他

●臨床看護研究の進め方G 
 アンケート調査―調査用紙の作成と実施方法――上野栄一

●訪問看護のベストソリューションG
 在宅ターミナルケア:退院から最期のときまで
 STEP2:病院での出会いと退院時調整――小西優子

--------------------------------------------------------------------------------

看護管理者,看護教員向けの総合マネジメント雑誌
『看護展望』も好評発売中!


---------------------------------------------------------------------------

次号の予告

◆焦点
新たな高血圧の治療戦略と患者管理:新ガイドラインの理解

1.新ガイドラインで何が変わったか
2.降圧薬の選択,種類,使用上の注意点
3.新たな高血圧の治療戦略と管理
1)肥満・糖尿病を有する高血圧患者の治療と管理
2)脳血管障害を有する高血圧患者の治療と管理
3)心疾患を有する高血圧患者の治療と管理
4)慢性腎疾患(CKD)を有する高血圧患者の治療と管理       
5)高齢者の高血圧治療と管理
 
◆ナーシング・フロンティア
口腔ケアにおける保湿剤の必要性とその効果

1.口腔ケアの基本的考え方と保湿剤の有効性
2.保湿剤の有効な使用法とその効果
3.保湿剤を使用した口腔ケアの症例報告@
4.保湿剤を使用した口腔ケアの症例報告A
●その他
--------------------------------------------------------------------------------
サマーセミナー「楽しく学ぶ!血液ガス分析と酸塩基平衡」

呼吸生理学・呼吸不全の理解を深めたい看護師に最適!

---------------------------------------------------------------------------