看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

はじめてのフィジカルアセスメント

 

はじめてのフィジカルアセスメント

看護を学ぶすべてのひとが身につけたい
 フィジカルイグザミネーションの知識と技術

執筆/横山 美樹 
  東京医療保健大学医療保健学部看護学科 教授

B5判/204頁/定価2,808円(本体2,600円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1353-4
第1版/2009年 12月

カートに入れる


●説明
300点を超えるオリジナル写真&イラストがキレイ!わかりやすい!

アングルにこだわった220枚以上のオリジナル写真、写真では分かりにくい内容を表した美しいイラストで、視覚的な理解が深まります!もちろんオールカラー!

解剖生理に基づいた安全・安楽なアセスメントができるようになる

的確なフィジカルイグザミネーションに欠かすことのできない解剖生理の知識を基にしたていねいな解説が、根拠に基づいた安全・安楽な技術の習得を約束します!

“正常”がわかるから異常に気づつく力がつく

フィジカルアセスメントの基本「まずは正常であるか否かがアセスメントできる」ことに重点を置くことで、「正常ではない=異常である」ことを見抜く確かな力が養われます!

ナースとして“何を”“どこまで”技術として身につければよいかがわかる

診断のためのアセスメント(=医師の手技)ではない、「ベッドサイドの看護師が看護に活かすために行う」アセスメントの知識と技術を明快に伝えます!

身についた知識や技術が患者さんの「いつもと違う」を見抜く力になる

本書で身についたフィジカルアセスメントの技術は、患者さんの「いつもと違う」を見抜く強力な武器になります!

フィジカルアセスメントが大好きになる!

読んだら必ずやってみたくなる!本書で基本をおさえたら、自分や家族の身体を使ってどんどんアセスメントしてみて!それがフィジカルアセスメント習得の何よりの近道です!
●目次
 序章 はじめよう!フィジカルアセスメント
  フィジカルアセスメントっていったい何?/情報の種類:主観的情報と客観的情報/
  客観的情報を得る手段:フィジカルイグザミネーション

 1章 バイタルサインのアセスメント
  バイタルサインとは?/意識状態のアセスメント/呼吸のアセスメント/脈拍・血圧のアセスメント/体温のアセスメント

 2章 頭部・顔面・頸部のアセスメント
  頭部・顔面・頸部の基本的構造と機能/頭部・顔面・頸部のフィジカルアセスメント

 3章 眼・耳・鼻・口腔のアセスメント
  眼・耳・鼻・口腔の基本構造と機能/眼・耳・鼻のフィジカルアセスメント/口腔のフィジカルアセスメント

 4章 胸部・肺のアセスメント
  胸部・肺の基本的構造と機能/胸部・肺のフィジカルアセスメント

 5章 心臓・循環系のアセスメント
  心臓・循環系の基本的構造と機能/心臓・循環系のフィジカルアセスメント

 6章 腹部・消化器系のアセスメント
  腹部の基本的構造と機能/腹部のフィジカルアセスメント/知っておきたい腹部臓器のフィジカルイグザミネーション

 7章 筋・骨格系のアセスメント
  筋・骨格系の基本構造と機能/筋・骨格系のフィジカルアセスメント

 8章 脳・神経系のアセスメント
  脳・神経系の基本構造と機能/脳・神経系のフィジカルアセスメント

 9章 乳房のフィジカルアセスメント
  乳房の基本構造と機能/乳房のフィジカルアセスメント/乳房の自己検診について

10章 直腸・肛門、生殖器のアセスメント
  直腸・肛門、生殖器の基本構造と機能/直腸・肛門、生殖器のフィジカルアセスメント

特別付録
  領域別 アセスメント項目一覧表
    領域ごとに、観察項目と正常・異常例をコンパクトにまとめた一覧表です

  主要領域別 アセスメント記録用紙
    アセスメントした内容を残すための特製記録用紙です
●その他
正誤表