看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

患者さんの情報収集ガイドブック 第2版

 

患者さんの情報収集ガイドブック 第2版

監修・執筆/
   古橋 洋子 前埼玉医科大学短期大学看護学科教授
執筆/今野 葉月 埼玉医科大学短期大学看護学科准教授 他
B5判/192頁/定価2,376円(本体2,200円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1352-7
第2版/2010年 01月

カートに入れる


●説明
情報収集アセスメントに結びつくよう、情報収集すべき内容をV.ヘンダーソンの看護理論をもとに注出したうえで、さらにM.ゴードンの11の機能的健康パターンに関連されて分類・整理。患者さんに何を聞き、何を観察すればよいかを示したガイドブック。
●目次
この本を活用される皆さんへ

情報収集の基礎知識

A 健康管理・健康認識

B 栄養・代謝

C 排泄

D 活動・運動

E 睡眠・急速

F 認知・知覚

G 自己知覚・自己概念

H 役割・関係

I 性・生殖

J コーピング・ストレス

K 価値・信念