看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

新しい家族看護学

 

新しい家族看護学

理論・実践・研究

編著/法橋 尚宏 神戸大学大学院保健学研究科家族看護学分野教授

B5判/450頁/定価4,860円(本体4,500円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1355-8
第1版/2010年 02月

カートに入れる


●説明
●神戸大学大学院での家族支援専門看護師コースにおける教育経験および家族インタビュ
 ーの集積から得た,本書独自の家族支援の展開方法を示します.
●「家族システムユニット」「家族症候」「症候別家族看護(ウェルビーイング,イルビーイング)」
 「経過別家族看護(予防期家族看護、急性期家族看護,慢性期家族看護)」など,新しい家
 族看護学の用語や概念を提唱します.
●相互作用している家族員からなる家族をユニットとして捉える家族看護学のパラダイム
 をより明確にします.
●目次
T 家族看護学の理論
  1.家族環境論 2.家族看護学論 3.家族理解のための諸理論
  4.家族アセスメントモデル・家族支援モデル 5.家族看護過程
 
U 家族看護学の実践
  1.家族看護展開論 2.家族支援専門看護師の役割
  3.予防期家族看護の事例展開 4.急性期家族看護の事例展開
  5.慢性期家族看護の事例展開
 
V 家族看護学の研究
  1.家族看護学研究の意義 2.量的な家族看護学研究方法論
  3.質的な家族看護学研究方法論 4.家族看護学研究の実例