看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

患者の心に寄り添う聞き方・話し方

 

患者の心に寄り添う聞き方・話し方

ケアに生かすコミュニケーション

著者/太湯 好子 岡山県立大学名誉教授、吉備国際大学特任教授

A5判/202頁/定価2,052円(本体1,900円+税8%)
ISBN:978-4-8392-0920-9
第1版/2002年 02月

カートに入れる


●説明
“相手のことよりも自分を知ることが大切”という視点から、性格テストの要領で自分を把握できる演習を紹介し、コミュニケーションに生かすよう解説。また、ナースの言葉が患者にもたらす影響力、コミュニケーションのもつ大切さについて考える。
●目次
序 章 コミュニケーションは看護の基本
 1コミュニケーションのもつ意味
 2患者の期待するナースとのコミュニケーション

第1章 コミュニケーションの基本
 1コミュニケーションの構造
 2コミュニケーション手段
 3コミュニケーションにおけるストロークの動き
 4本来のコミュニケーションのあり方
 5良好なコミュニケーションの阻害要因

第2章 患者理解のためのコミュニケーション
 1医療の場のコミュニケーション
 2ナースに求められる態度
 3上手な言葉のかけ方

第3章 コミュニケーション技法を育てる
 1自己啓発の方法を知る
 2態度のあり方を知る
 3質問の仕方を知る
 4質問の受け方を知る
 5訴えの受け止め方を知る
 6“沈黙”の意味を知る
 7援助内容の階層を知る

第4章 看護に活かす交流分析
 1ナースにとっての交流分析
 2ナースと患者の自我状態のモデル
 3自我状態の働きと機
 4看護の場に現れる自我状態の諸相
 5外面の私と内面の私――エゴグラムとOKグラム
 63つの交流パターン
 7気持のよいやりとりをするには
 8ストロークと人の行動

第5章 看護面接の技術を高める
 1ナース―患者関係における介入の3つのモデル
 2看護とタッチング
 3ロールプレイング
 4フィードバックゲーム
 5プロレスレコード
 6カンファレンス
 7リラクセーション
 8その他の方法
 9コミュニケーションの学習段階

第6章 看護する喜びと苦しみ
 1一人ひとりがナースの看板であることを忘れずに
 2患者の苦しみを自分の苦しみに、患者の喜びを自分の喜びに