看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

血液・造血器

新体系 看護学全書 
専門分野U成人看護学

血液・造血器

編集/溝口秀昭(東京女子医科大学名誉教授)
泉二登志子(前東京女子医科大学医学部教授)
川野良子(東京女子医科大学統括看護部長・看護職キャリア開発支援センター長)

B5判/316頁/定価2,700円(本体2,500円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3296-2
第3版/2014年 12月


●説明

できるだけ平易に噛み砕いた表現とし、カラー図解を多く取り入れるなど、“いま”の学生にとってのわかりやすさにも配慮したテキストを心掛けました。
“疾患をもつ患者の看護”の章では、当該の器官で代表的な疾患を取り上げ、看護の基本を示しました。それぞれの疾患をもつ患者の看護は「アセスメント」「生じやすい看護上の問題」「目標と看護」に分けて構成し、看護の考え方・基本を深く学べるよう「なぜそうするのか」という根拠がわかる記述をしました。
各章ごとに、冒頭で学習のポイント、章末で「演習課題」を設け、学習者の理解の一助としました。


執筆者
[序 章] 泉二登志子(東京女子医科大学医学部教授)
金子眞理子(東京女子医科大学看護学部准教授)[第2編]
佐伯香織(前東京女子医科大学看護学部助教)佐伯香織
(前東京女子医科大学看護学部助教)
[第1編] 金子眞理子(東京女子医科大学看護学部准教授)
寺村正尚(東京女子医科大学医学部准教授)吉田有里 (東京女子医科大学病院看護部)
志関雅幸(東京女子医科大学医学部講師)美島紀子(東京女子医科大学病院看護部)
吉永健太郎(東京女子医科大学医学部准講師)岡野江美(東京女子医科大学病院看護部)
森 直樹(東京女子医科大学医学部講師)大橋信子(東京女子医科大学病院看護部
●目次
序 章 血液・造血器疾患をもつ成人を理解するために
 T 血液・造血器疾患の特性と近年の動向
 U 血液・造血器疾患をもつ成人と医療のかかわり

【第1編】血液・造血器疾患とその診療
第1章 血液・造血器の構造と機能
 T 血液・造血器の役割
 U 赤血球の形態と機
 V 白血球の形態と機
 W 血小板の形態と機
 X 血球産生のしくみ
 Y 血漿成分の働き

第2章血液・造血器疾患の主な症状と病態生理
 貧血
 赤血球増加症
 白血球減少症
 白血球増加症
 出血傾向
 血栓傾向
 リンパ節腫脹
 脾腫

第3章血液・造血器疾患の主な検査と治療法
 T 血液・造血器の主な検査
 U 血液・造血器疾患の主な治療法

第4章主な血液・造血器疾患とその治療
 T 赤血球疾患
 U 白血球系疾患
 V リンパ増殖性疾患と類縁疾患
 W 出血性疾患

【第2編】血液・造血器疾患をもつ患者の看護
第1章看護の基本
 T 血液・造血器疾患が生じさせる機能障害と看護の役割
 U ヘルスアセスメント
 V 経過別にみた生じやすい問題と看護
 W 看護の場とその特徴

第2章 主な症状に対する看護
 貧血のある患者
 赤血球増加症患者
 白血球減少症患者
 白血球増加症患者
 出血傾向患者
 血栓傾向患者
 リンパ節腫脹患者
 脾腫患者

第3章 主な検査・治療に伴う看護
 T 主な検査に伴う看護
 U 主な治療・処置に伴う看護

第4章 血液・造血器疾患をもつ患者の看護
 再生不良性貧血患者
 白血病患者
 悪性リンパ腫患者
 多発性骨髄腫患者
 血友病患者
●その他



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ↓