看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

クリティカルケア看護2

 

クリティカルケア看護2

アセスメントと看護ケア

編集/池松 裕子 名古屋大学医学部保健学科教授

B5判/380頁/定価4,644円(本体4,300円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1454-8
第1版/2011年 02月


●説明
 内 容

クリティカルケア看護の対象は、循環機能、呼吸機能、脳・神経機能、腎機能・体液/電解質、消化機能、代謝・内分泌機能など、重要生命機能のいずれかまたは複数に障害があり、生命に直接かかわる健康問題を抱えています。本書は、このような生命危機状態にある患者の看護に対して、看護学生や卒後1〜2年の若手ナースに向けて理論から各論までわかりやすく解説した入門書です。

 目 次

クリティカルケア看護U―アセスメントと看護ケア
第1章 クリティカルな患者の循環機能と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な循環機能障害患者の看護

第2章 クリティカルな患者の呼吸機能と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な呼吸機能障害患者の看護

第3章 クリティカルな患者の脳・神経機能と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な脳・神経疾患患者の看護

第4章 クリティカルな患者の腎機能・体液・電解質と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な消化器疾患患者の看護

第5章 クリティカルな患者の消化機能と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な腎機能障害・体液・電解質異常患者の看護

第6章 クリティカルな患者の代謝・内分泌機能と看護
 基礎知識/アセスメント/維持・回復への援助/代表的な代謝・内分泌機能障害患者の看護

第7章 複数の臓器障害と看護
 生命侵襲理論/各種ショック患者の看護/重症熱傷患者の看護/敗血症・多臓器不完全患者の看護



クリティカルケア看護T―患者理解と基本的看護技術―
第1章 クリティカルな患者と看護の理解
 歴史的変遷/看護の対象/看護活動/倫理的課題/医療安全

第2章 クリティカルケアにおける家族援助
 患者家族の特徴/患者家族のアセスメント/患者家族への看護ケア

第3章 クリティカルケア看護の基本的看護技術
 心肺蘇生術/フィジカルアセスメント/呼吸管理/体液・循環管理/食事・排泄・栄養管理/
 感染予防/清潔維持/早期リハビリテーション/二次障害予防/コミュニケーション技術/
 鎮痛・鎮静/せん妄予防とせん妄患者のケア/事故防止