看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護展望2011年9月号

『月刊雑誌』2011年9月号
Vol.36 No10 通巻447号

看護展望2011年9月号

看護基礎教育におけるKYT 看護学生の危険予知能力を磨く教育方法
身につく! 使える! ポジティブフィードバック活用法
B5/88頁/定価1,512円(本体1,400円+税8%)
402090


●説明

 


特集

看護基礎教育におけるKYT
 看護学生の危険予知能力を磨く教育方法


臨床現場ではさまざまな潜在的危険要因が存在し、医療事故を防ぐためには、それらの危険要因に気づくことができる能力を学生のうちから訓練しておくことが望まれます。本特集では、看護学生を対象にしたKYT(=危険予知トレーニング)に焦点を当て、臨床経験の少ない学生にもイメージしやすい授業方法を考えます。



マネジメントスキルアップ特集

身につく! 使える! ポジティブフィードバック活用法 


近年、ポジティブフィードバックという言葉がマネジメントや人材育成の場面で広く認識され、活用されるようになりました。しかし、日常の会話では効果的なフィードバックが使われていないのが現状です。フィードバックの目的は、事実を伝えることで相手に気づかせていくこと。そのなかでポジティブフィードバックは相手の成長を促進する働きがあります。相手の強みに焦点を当てるポジティブフィードバックは、エネルギーアップや学習に効果的です。今回は、ポジティブフィードバックを活用していくための正しい知識、使い方、事例をご紹介します。


 

●目次




特集 

看護基礎教育におけるKYT
看護学生の危険予知能力を磨く教育方法


看護基礎教育における危険予知トレーニングへの取り組みの特徴 
/布施淳子(山形大学医学部看護学科)

学生の学習段階を踏まえて実施する危険予知トレーニング
/宮崎伊久子(大分大学医学部看護学科)・他

基礎看護学教育におけるKYTを用いた医療安全教育
/山本恵美子(浜松医科大学医学部看護学科)・他

危険予知トレーニングと効果測定の試み
/佐々木美奈子(東京医療保健大学医療保健学部看護学科)・他



マネジメントスキルアップ特集―――――――――――――――


身につく! 使える! ポジティブフィードバック活用法


執筆/野津浩嗣(有限会社AEメディカル・代表取締役)



○「フィードバック」とはどんなスキルか?


○時代背景が「ポジティブフィードバック」の必要性を生んだ


○ポジティブフィードバックの知識・使い方


○ポジティブフィードバックの事例(日常編)


○ポジティブフィードバックの事例(面接編)


Challenge Test


解答・解説


 



SERIES――――――――――――――――――――――――――

看護管理者・教育者のためのICT活用法

Vol.1
看護と情報学との邂逅
/前田樹海(東京有明医療大学看護学部)



■実践! PBL教育
  現場に即した展開法

Vol.9 看護実践力を伸ばすためのPBL教育評価@ 
アウトカムと学習評価
/常盤文枝(埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科)


山内豊明先生が教える
  指導者のためのフィジカルアセスメント教室
  必須知識・技術と指導のポイント

Vol.13
循環器系のフィジカルアセスメントB
各部位における脈の触知のポイントと末梢循環不全の評価
/山内豊明(名古屋大学医学部基礎看護学講座)



SPECIAL REPORT――――――――――――――――――――


特別レポート

看護職員の教育活動に関する自己評価
─基礎看護技術講義と臨地実習の評価を中心に─
/伊藤浩美(白十字看護専門学校)・他



CONTRIBUTION――――――――――――――――――――


投稿

“聴く”ことを通して「看護」を実感する
初めての基礎看護学実習
/小林三津子(淑徳大学看護学部)



INTERVIEW――――――――――――――――――――


かんごじんの声
 
Vol.9 ケアプロ株式会社・代表取締役 川添高志さん



BOOK――――――――――――――――――――――――――――


こころをみつめる

塔和子 著
『希望よ あなたに』
/皆藤 章




NEWS―――――――――――――――――――――――――


Scope 今月の動き

災害拠点病院の役割明確に
厚労省検討会で議論開始

年間3万人を超える自殺者
自殺対策における看護職の役割



―――――――――――――――――――――――――――――――


次号予告  10月号(第36巻第11号) 2011年9月25日発売


 


特集  

短時間正職員制度 運用上の課題と解決策


看護職のワーク・ライフ・バランスを実現するための方策として、厚生労働省や日本看護協会では短時間正職員制度を推進していますが、まだまだ多くの病院では導入が進んでいない状況にあります。本特集では、実際に本制度を運用している病院の事例から、導入によってどのような問題が生じたか、そして、その問題にどのように対処・解決してきたかを紹介し、本制度の上手な導入・運用へと導きます。

看護職への短時間正職員制度の導入
/小川 忍(公益社団法人 日本看護協会)

短時間正職員制度の定着に向けて 
現場師長が鍵
/畑中美智子(社会福祉法人恩賜財団福井県済生会病院)


短時間正職員制度 運用の取り組みと今後の展望
/佐藤久美子(社会医療法人財団石心会川崎幸病院)


短時間正職員制度 現場の実態を踏まえた制度設計の取り組み
/渡邊 くみ子(医療法人新青会川口工業総合病院)





マネジメントスキルアップ特集


知ってトクする数字の話
病院会計の基礎知識


/赤松育子(学校法人産業能率大学総合研究所主任研究員、公認会計士、公認不正検査士)


病院も一般企業と同様、ヒト・モノ・カネ・情報・時間という経営資源を用いてマネジメントを行っています。であるならば、私たちの日々の業務は、医業収益にどのように貢献しているのでしょうか? 経営資源を有効に活用できているのでしょうか? 決算書にはどのような情報が記載されているのでしょうか? 次号では、病院会計の基礎知識を学び、数字を使ったマネジメントの視点を身につけていきます。

1.経営活動の成果とは何か
2.病院会計のしくみ
3.収支管理のコツ
4.収益性分析
5.安全性分析


 


※10月号の掲載内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。



―――――――――――――――――――――――――――


1月臨時増刊号も好評発売中!   2010年12月25日発売


 


特集  ナースマネジャーが身につけたい 人を育てる12のワザ


PARTT◇人を育てるマネジメントスキル


PARTU◇人を育てる組織の支援




―――――――――――――――――――――――――――


臨床ナースの看護をサポートする専門誌

「看護技術」も好評発売中!!