看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護展望2011年11月号

『月刊雑誌』2011年11月号
Vol.36 No12 通巻449号

看護展望2011年11月号

現場運営の成否を決める 主任・副師長の能力アップ
部下を伸ばす叱り方
B5/88頁/定価1,512円(本体1,400円+税8%)
402110


●説明

 


特集

現場運営の成否を決める
主任・副師長の能力アップ


看護主任・副看護師長は、最も身近にスタッフや患者と接する管理職であり、看護の質を向上させるためには彼らの育成・成長が鍵となります。では、看護主任・副看護師長にはどのような役割や能力が求められるのでしょうか。病院組織全体のなかでの位置づけから考える看護部長の視点、病棟を運営するパートナーとしての視点から考える看護師長の視点、さらには主任自身の視点から、それぞれどのような役割や能力が求められ、そのためにどのような教育や訓練が必要なのかを考えます。



マネジメントスキルアップ特集

部下を伸ばす叱り方 


リーダーシップを発揮する立場になると、いろいろな“かかわり方”のバリエーションが必要になってきます。そのなかの一つに、“叱る”があります。叱ることはほめることと違って、相手がどう受け止めるかが気になるもの。ついつい躊躇してタイミングを逸してしまう、そんな不自由さを感じている人も多いのではないでしょうか。あなたは人を叱れますか?  叱ることにプレッシャーを感じていませんか?  あるいはまったく叱れないで
すか?  今回は、上手に叱るスキルが身につくよう、一緒に考え、トレーニングしていきましょう。


 


●目次




特集 

現場運営の成否を決める
主任・副師長の能力アップ


組織のなかで主任に求められる役割と能力 
/大島敏子(神戸大学医学部付属病院 前・看護部長兼副病院長、現・非常勤講師兼医学研究員)

看護師長のパートナーとして
副看護師長に求められる能力
/小山田富美香(公立大学法人横浜市立大学附属病院 看護師長)

プレイングマネジャーとしての
主任に求められるもの
/野村智子(財団法人神奈川県警友会けいゆう病院 主任看護師)



マネジメントスキルアップ特集―――――――――――――――


部下を伸ばす叱り方


執筆/笠井徳子(株式会社ヒューマンスキル開発センター)



○「叱る」とは


○あなたはどれだけ叱れますか?


○自分の叱り方の傾向を知る


○叱れる人になるポイント


Challenge Test


解答・解説


 



SERIES――――――――――――――――――――――――――

新連載!

目黒悟先生と一緒に!
  学ぶこと・教えることの本質を問い直す

Vol.1
授業における経験の意味
/目黒悟(藤沢市教育文化センター 主任研究員)・永井睦子(神奈川県立平塚看護専門学校 専任教員)



看護管理者・教育者のためのICT活用法

Vol.3
看護過程におけるデータ・情報・知識(その1 )
/前田樹海(東京有明医療大学看護学部)




■実践! PBL教育
  現場に即した展開法

Vol.11
PBL教育に必要となる教員研修
/高橋博美(福岡大学医学部看護学科 教授)・鈴木玲子(埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 教授)


山内豊明先生が教える
  指導者のためのフィジカルアセスメント教室
  必須知識・技術と指導のポイント

Vol.15
循環器系のフィジカルアセスメントD

心不全を見抜くフィジカルアセスメント 
─ 左心不全( 1 回拍出量の低下)
/山内豊明(名古屋大学医学部基礎看護学講座)



SPECIAL REPORT――――――――――――――――――――


特別レポート

スウェーデンにおけるがん患者のターミナルケアシステム(後編)
/宮アコ子(四日市看護医療大学看護学部)・他



CONTRIBUTION――――――――――――――――――――


投稿

モチベーションを高めるための母性看護学実習の展開
─ 実習病院の調整を円滑にするために─
/笠谷ひとみ・矢野貴美子(大阪府医師会看護専門学校)



INTERVIEW――――――――――――――――――――


かんごじんの声
 
Vol.11 国立国際医療研究センター 国際医療協力部派遣協力第二課 馬場洋子 さん



BOOK――――――――――――――――――――――――――――


こころをみつめる

片岡 K 著
『ジワジワ来る○○
 思わず二度見しちゃう
面白画像集』
/皆藤 章




NEWS―――――――――――――――――――――――――


Scope 今月の動き

小児がん拠点病院・在宅緩和ケアの整備を
がん対策推進協が意見書

生殖医療は第2 段階へ
求められる看護者の役割



―――――――――――――――――――――――――――――――


次号予告  12月号(第36巻第13号) 2011年11月25日発売


 


特集  

自院のための教育をつくる
院内講師の育成と活用


院内研修の講師を外部ではなく自院の職員に任せることは、自院の実情や教育目標に合った研修ができることや、スタッフの帰属意識を高めることなどのメリットがある。さらには、研修を受講するスタッフの成長だけでなく、研修を行う講師自身の成長も自院に還元される。そのような多くのメリットをもつ院内講師をどのように育て、活用するか。院内研修を企画する側と、実践に移す講師側、それぞれの視点から具体的に解説します。

院内講師による教育の意義と位置づけ
/尾ア美智惠(社会保険京都病院 看護局長)

院内講師の選定基準と育成方法 
/上山さゆみ(社会保険京都病院 看護局学術担当・教育責任者、看護科長)


新人看護師研修を担当する講師の役割
/田岡直子(社会保険京都病院 看護係長)


2年目以降の研修を担当する講師の役割
/上山さゆみ(社会保険京都病院 看護局学術担当・教育責任者、看護科長)


院内講師としての認定看護師の役割
/長村勝美(社会保険京都病院 看護係長、皮膚・排泄ケア認定看護師)





マネジメントスキルアップ特集


リーダーから変わる!
モチベーション・マネジメントの秘訣


/陽川一守(株式会社JTBモチベーションズ 組織コンサルティング局 シニアマネージャー)


人材マネジメントの観点において、個々の職員のモチベーション(やる気)の高さが病院としての業績や成果、評判につながることは軽視できません。なかでも、患者と最も多く接する看護職は病院を支える根本といえます。そこで次号では、多忙を極める看護管理者やリーダークラスの方が自分自身のモチベーションを保ち、向上させるためのモチベーション・マネジメントの手法をお届けします。これは、スタッフ一人ひとりが自らモチベーションを向上させることのできる組織づくりにも効果的な手法です。

1.モチベーションとは何か
2.モチベーション・マネジメントが求められる背景
3.外発的モチベーションと内発的モチベーションの違い
4.モチベーションを可視化するとは
5.モチベーション・マネジメントの考え方、具体的手法


 


※12月号の掲載内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。



―――――――――――――――――――――――――――


1月臨時増刊号も好評発売中!   2010年12月25日発売


 


特集  ナースマネジャーが身につけたい 人を育てる12のワザ


PARTT◇人を育てるマネジメントスキル


PARTU◇人を育てる組織の支援




―――――――――――――――――――――――――――


臨床ナースの看護をサポートする専門誌

「看護技術」も好評発売中!!