看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2012年1月号

『月刊雑誌』2012年1月号
Vol.58 No1 通巻843号

看護技術2012年1月号

ケアの標準化を実現する
口腔アセスメントガイドの活用と実践

 編集協力/村松真澄
実践的体位ドレナージプロトコール
 小田原市立病院救命救急センター看護研究チーム
B5判/88頁/定価1,188円(本体1,100円+税8%)
401010


●説明
ケアの標準化を実現する
口腔アセスメントガイドの活用と実践

 本特集では,9か国で翻訳されて欧米での使用実績があるEilers口腔アセスメントガイド(OAG)の活用・実践方法を紹介します.このOAGは,がん治療患者の口腔内の状態を評価するために1980年代に米国で開発されたツールで,編集協力者である村松氏らが日本語版として改訂したものです.口腔ケアの標準化がなされていないわが国ではとても貴重なツールであるとともに,実際に導入している東京医科大学病院,獨協医科大学病院,東京大学医学部附属病院での使用例なども紹介しています.根拠のあるケアに導くことができ,看護職共通の認識によりケアの質が統一できるOAGをぜひとも臨床に導入していただき,よりよい口腔アセスメントとケアにお役立てください.


特別付録:eilers 口腔ケアアセスメントガイド(OAG)見 本
●目次

 第1特集

ケアの標準化を実現する
口腔アセスメントガイドの活用と実践

 編集協力 : 村松真澄(札幌市立大学看護学部・講師)


はじめに:口腔ケアの現状と課題/村松真澄
1.看護師が知っておきたい口腔症状の基礎知識/今井 裕
2.Eilers口腔アセスメントガイドと口腔ケアプロトコール/村松真澄
3.口腔ケアプロトコールで活用する口腔ケアの基本技術/村松真澄
4.Eilers口腔アセスメントガイドを用いたカード型プロトコールの作成/森川純子・他
5.Eilers口腔アセスメントガイドの導入と改善/森川純子
6.口腔アセスメントとケアの実践
  1) ICUでの実践/澤田育子
  2) 脳神経外科病棟での実践/宮ア留美子
  3) がん化学療法患者における実践/磯野寿美枝・他
  4) 認知症患者における実践/石丸信一・他
コラム 口腔ケアに関する院内研修会の効果/城由紀


 第2特集

実践的体位ドレナージプロトコール

  小田原市立病院救命救急センター看護研究チーム

 連 載

実践に活かす 急変対応トレーニング
  窒  息/山本裕之

World Medical Satellite
  コレラ対応緊急援助を経験して /京寛美智子

お悩み解決! 糖尿病患者指導テクニック
  患者が間食している場面に遭遇したとき,
       どのように対応したらいいですか?
/楢原直美

患者を苦痛から救う がん看護のエッセンス
  痛みを我慢させない/郡 由起子

看護師と法廷――判例から読み解く医療訴訟
  基本的な法律の知識/池田 守・他

歴史から紐解く看護技術
  清潔ケア――日本の石鹸の始まりは下剤/鈴木紀子

栄養トレーニング“栄トレ”
  腎不全患者の栄養管理 /谷村由衣・他
●その他
2012年2月号は2012年1月20日発売!

第1特集
栄養不良を見逃さない!栄養アセスメント――褥瘡・周術期・呼吸器疾患・腎疾患

 編集協力/矢吹浩子(医療法人明和病院・副看護部長,日本静脈経腸栄養学会・看護部会長)

 栄養管理で看護師が担う大きな役割として,患者の栄養不良を見逃さないように“的確にアセスメントすること”があげられます.NSTチームがいくら優れていても,その効果を確実に評価するベッドサイドの目がなければ,栄養不良患者を見落とし,重篤な合併症に陥るおそれがあります.
 本特集では,看護師がよく遭遇し,栄養管理に難渋する4つの状態・疾患について取り上げます.アセスメントする際のポイントを明確に理解することで,看護師ならではの能力を伸ばすことをねらいとします.


第2特集
リエゾンチームと看護職の協働

 執筆/山内典子(東京女子医科大学病院看護部)


年間定期購読はコチラ!から


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
10月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 東日本大震災の経験を共有する
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!