看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護展望2012年4月号

『月刊雑誌』2012年4月号
Vol.37 No5 通巻455号

看護展望2012年4月号

臨床現場発!
統合実習指導から見えた基礎教育の課題
B5判/88頁/定価1,512円(本体1,400円+税8%)
402040


●説明

特 集

臨床現場発!統合実習指導から見えた基礎教育の課題

 2009年度の看護基礎教育カリキュラム改正で新設された統合実習は、多重課題や夜間実習など実際の臨床現場で求められる看護業務を経験することで、基礎教育から臨床への橋渡しとなることが期待されています。そのため、統合実習をより効果的な実習へと改善していくためには、臨床側の視点が不可欠です。
 本特集では、学生の統合実習を受け入れた医療施設から、統合実習指導をとおして見えた学生の課題や効果的な実習を行うための方策、さらには基礎教育全体のあり方について提言します。

●目次
特  集 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

臨床現場発!統合実習指導から見えた基礎教育の課題 
 組織的な看護実践がイメージできる統合実習
    佐山静江(獨協医科大学病院 看護部長)・他

      
      統合実習の概要
       1.実習目的 2.実習目標 3.実習方法 
      実習受け入れ病棟のアンケート
       1.医療チームの一員としての役割を理解し、専門職能人としての責任と役割を学ぶ
       2.継続して行われる看護について理解し、看護実践できる
       3.看護単位における病棟管理・患者管理・看護管理の実際を理解する
       4.数名の患者を受け持ち、優先度を考えて行動することを理解し看護実践できる
       5.組織的に継続して看護が実施されていることを理解しイメージできる
       6.その他の気づき
      学生による統合実習評価
       1.実習目標の達成度・実習態度の自己評価
       2.臨床現場に対応するための課題
       3.臨床側からのコメントについて
      統合実習の今後に向けた課題

 統合実習の受け入れに向けた臨床現場の取り組みと課題
    菊地美和子(杏林大学医学部付属病院 消化器内科病棟 看護師長)

      はじめに
      統合実習の受け入れに向けた取り組み
       1.第1段階:臨地実習指導者会議での説明
       2.第2段階:基礎教育と臨床現場間の打ち合わせ
       3.第3段階:当診療科看護スタッフへの周知徹底
      統合実習の受け入れの実際
       1.統合実習期間
       2.実習の目的・目標
       3.実習の進め方
       4.具体的な実習内容と指導方法
      統合実習指導をとおして見えた課題、学生に欠けているもの
       1.看護チームのリーダー・メンバーの役割の理解と一部実践
       2.複数患者受持ち実習
       3.統合実習全体の課題
      課題解決に向けた統合実習の改良方法、基礎教育への提言・方策
       1.統合実習の進め方の改善案
       2.基礎実習・専門分野実習への提案
       3.対人関係能力・コミュニケーション能力の向上に向けての提言

 統合実習指導をとおして見えた学生の学びと基礎教育への提言
    上林田津子(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研修教育担当看護師長)
    
   
      統合実習受け入れの経過
      統合実習のねらいと内容
       1.管理実習
       2.複数患者受持ち
       3.夜間見学実習
       4.その他の取り組み
      統合実習指導をとおして見えてきた課題
       1.学生の個別性に配慮した指導で“リアリティショック”を軽減する
       2.学校側と臨床側の情報交換を密に行い、互いに協力する
       3.統合実習の“評価”と“学びの共有化”
       4.安全対策
      基礎教育への提言

 統合実習指導から見えた臨床現場の課題と基礎教育への期待
    堀内晃代(神奈川県立循環器病センター 看護教育科 主任看護師)・他

      はじめに
      統合実習のねらいの共有
      実習の実際
       1.チームメンバー体験
       2.チームリーダー体験
       3.夜間実習
      臨床側から見た統合実習
       1.学生の状況を受け止め、かかわること
       2.統合実習の改良に向けた提案
       3.学生の学びから得たもの
      基礎教育へ期待すること
       1.主体性
       2.コミュニケーション
       3.感性を育む
      おわりに

 統合実習指導をとおして示唆された看護学生の課題 チームの一員としての自覚と状況判断能力
    深石タカ子(さいたま市立病院 副看護部長)

      実習受け入れ病院としての当院の概要
       1.実習の受け入れ上状況および受け入れ体制
       2.専任指導体制
       3.臨床指導員の役割
      統合実習の実際
       1.統合実習のねらいと内容
       2.実習受け入れのための学校側との調整
       3.具体的な実習内容と方法
      統合実習をとおした学生の学びと臨床側の気づき
       1.学生の学び
       2.臨床側から見た統合実習への気づき
      統合実習をとおして見えた課題
      おわりに



SERIES ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護職がみた開発途上国の保健医療事情
   カンボジアの母子保健分野への援助と現状/小山内泰代

看護管理者・教育者のためのICT活用法
   情報セキュリティ/前田樹海

中小規模病院の魅力を『かたち』にする組織マネジメント
    中小規模病院の看護管理者とネットワーク /佐藤美子

研究成果を100%伝えるためのプレゼンテーションスキルアップ講座
   わかりやすい画像の作り方(その1 )/上原眞理子・渡邊 成

山内豊明先生が教える 指導者のためのフィジカルアセスメント教室 必須知識・技術と指導のポイント
   感覚・中枢・運動系のフィジカルアセスメント@ 感覚・中枢・運動系の教育の考え方/山内豊明

目黒悟先生と一緒に!学ぶこと・教えることの本質を問い直す
   看護の学びを支援するとはどのようなことなのか/目黒悟・永井睦子


CONTRIBUTION ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

投 稿
   教員相互の授業評価の意義と今後の課題/小林由香


BOOK――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こころをみつめる
鈴木中人 『人生のそのときに心に刻む10のこと−働く父から息子へのメッセージ』/皆藤 章


NEWS ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Scope 今月の動き
成人喫煙率12.2%目指す がん対策推進基本計画素案
子どもを感染症の危険から守るために 予防接種の推進と看護としての取り組み
●その他
2012年5月号――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

特集:速報 診療報酬改定の分析と看護部の戦略/長面川さより(株式会社医療情報科学研究所)

2012年度診療報酬改定について、看護職にかかわる部分を中心に解説します。本改定で新設・重点化される項目や変更される内容、また、見落としがちなポイントを解説し、医療の質向上と効率的な経営のために看護部がとるべき戦略について考えます。

看護管理者・看護教育者のためのワンテーマレッスン
看護教育者のためのシミュレータ活用法/阿部幸恵(琉球大学医学部附属病院 地域医療教育開発講座)

看護技術の習得には実践が不可欠ですが、実際の患者に対して何度も実践の機会を得ることは困難です。しかし、シミュレータならば何度も同じ条件で練習することができ、その特徴を正しく理解して活用することで高い教育効果が期待できます。本レッスンでは、多種多様なシミュレータの特徴や使い方を理解し、うまく活用して教育効果をアップさせるためのポイントを解説します。




2012年1月臨時増刊号――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
特集:教育と臨床をつなぐ統合実習――「看護の統合と実践」の実習指導案と展開
総 論 今、改めて看護基礎教育カリキュラムの統合実習を考える/小山眞理子(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部教授)

T 部 統合実習の指導案と展開

      CASE 01 市立函館病院高等看護学院
           コミュニケーション能力育成を目指した統合実習における試み

      CASE 02 岩手県立二戸高等看護学院
           学生から看護師への架け橋となる実習を目指して

      CASE 03 慈恵看護専門学校
           基礎教育と臨床を繋ぐために

      CASE 04 東京警察病院看護専門学校
           職業人への架け橋となる統合実習の展開

      CASE 05 東京都立板橋看護専門学校
           統合実習2006年からの実践と課題

      CASE 06 中部看護専門学校
           チームで看護の質を高める

      CASE 07 大津赤十字看護専門学校
           看護実践能力の向上を目指した統合実習への取り組み――チームの一員としての看護の実際を学ぶ

      CASE 08 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター附属岡山看護助産学校
           “チームの一員”を体験する統合実習指導案

      CASE 09 広島厚生連尾道看護専門学校
           臨床との連携でつくる統合実習の展開

      CASE 10 福岡保健学院福岡看護専門学校
           状況判断に基づく看護実践能力を育成するために

U 部 臨床における統合実習指導の考え方

      CASE 01 公益社団法人地域医療振興協会横須賀市立うわまち病院
           統合実習の受け入れの基本姿勢と指導体制

      CASE 02 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター
           学校・臨地実習指導者の連携による実習指導案と指導の実際
b

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――−――――――――

臨床ナースの看護をサポートする専門誌 『看護技術』 も好評発売中!!


●訂正とお詫び●

『看護展望』4月号「統合実習指導をとおして示唆された看護学生の課題:チームの一員としての自覚と状況判断能力」におきまして、本文中に掲載しております著作物の表示に漏れがございました。下記3点の出典については、いずれもさいたま市立高等看護学院:2011年度統合実習要綱となります。
 @統合実習の実際 1.統合実習のねらいと内容 1)目的 2)目標 (p.37)
 A資料2 実習目標と実習内容 (p.39)
 B資料3 実習のスケジュールと方法 (p.40)
下記に修正したPDFファイルをアップロードいたしましたので、ご参照ください。
本誌をご愛読いただいている皆様に、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

訂正版