看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2012年11月号

『月刊雑誌』2012年11月号
Vol.58 No13 通巻855号

看護技術2012年11月号

やさしい解説でよくわかる! 超音波画像の判読ポイント
近藤 匡
B5/88頁/定価1,188円(本体1,100円+税8%)
401110


●説明
 特集


やさしい解説でよくわかる!

超音波画像の判読ポイント

 超音波検査は非侵襲的で、診断確定には欠かせない検査の一つです。医師や臨床検査技師の専門領域とされていますが、最近では機器の軽量化・最小化による超音波検査の積極的な活用や、NST・RSTなどのチーム医療の推進に伴い、看護師が画像に接する機会が格段に増えています。また胸部X線同様、看護師が判読できることでケアが深化する重要な検査でもあります。
 そこで本特集では、心臓・血管・腹部・褥瘡での超音波検査の基本的な事項と、看護師が知っておきたい判読技術を取り上げます。聞き慣れない用語なども出てきますが、検査の目的、実施手順の理解と、見えない臓器や組織、血流のイメージにお役立てください。


編集協力/近藤 匡(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター・水戸協同病院・准教授)

1.超音波検査の基礎知識
  /上牧 隆
2.超音波検査の実施手順
  /上牧 隆
3.超音波画像の判読ポイント
  1)心 臓/外山昌弘・他
  2)血 管/外山昌弘・他
  3)腹 部/近藤 匡
  4)褥 瘡/真田弘美・他

 連 載

クリティカルケア看護におけるEBN実践
  EBN実践において質的研究はどのように活用できるのか/江川幸二

看護師と法廷――判例から読み解く医療訴訟
  褥瘡,患者の爪ケア/池田 守・他

実践に活かす 急変対応トレーニング
  小児の急変(熱性けいれん)/小林克彦

患者を苦痛から救う がん看護のエッセンス
  看護ケアによる疼痛緩和/上垣美江

お悩み解決! 糖尿病患者指導テクニック
  独居の高齢者がインスリン療法を開始することになりました.
  どのように支援したらよいですか?
/小泉麻美

●その他
2012年12月号は2012年11月20日発売!


特集
在宅療養生活を見据えた退院支援

 編集協力/三輪恭子(淀川キリスト教病院 地域医療連携センター・退院調整看護師)


  近年、在院日数の短縮化や診療報酬改定などを受けて、入院患者を早期に在宅へと帰す動きが顕著です。そのため、患者と最も密にかかわる病棟看護師は、退院後の患者の在宅療養生活を見据え、入院時から情報収集やアセスメント、退院指導に努める必要があります。しかし、“退院後の療養生活で問題となる要因”を知らない看護師も多く、情報提供不足や指導不足により、退院後の生活に支障をきたす患者も少なくありません。
 そこで本特集では、病棟看護師が在宅療養生活を見据えて行うべき、情報収集やアセスメント、ケアのポイントを解説します。また、在宅療養にかかわる他職種の役割も紹介することで、円滑な療養支援につなげることをねらいとします。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2012年10月増刊号
特集 フットケア・創傷治療 Q&A   好評発売中!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●「足変形」「潰瘍」「浮腫」「虚血」などの病態や検査、ケアがわかる!
●オールカラーだから、豊富な写真資料でよくわかる!
●看護師のニーズに応えるQ&A方式! 全65問!



本特集のねらい
 フットケアを必要とする患者を早期に発見し、確実に治療へ導くためには、糖尿病や循環器疾患、外科的治療などの知識が必要とされます。そのため、今まで多くの看護師が担ってきた爪切りや足浴などのフットケアの知識だけでなく、足病変の病態や治療、検査、リハビリなどに関する高度な知識や技術が知りたい、という声が聞かれるようになりました。
 本特集では、フットケアに関する医学的な知識・高度な技術(病態や治療、診断などの専門的な知識)について、看護師が知りたい疑問に焦点を絞り、Q&A方式でお答えします。これらの知識・技術を身につけて、患者を治療へ導くワンランク上フットケアの実現にお役立てください。


目次

Part1 足変形         Part7 感染
Part2 潰瘍          Part8 虚血
Part3 壊疽          Part9 術後ケア
Part4 浮腫          Part10 治療・創傷処置
Part5 炎症          Part11 フットウェア
Part6 爪変形         Part12 リハビリテーション、栄養管理

↓↓↓↓たとえばこんなQがあります↓↓↓↓↓

Q.なぜ、糖尿病神経障害によって変形が起こるの?
Q.リンパ浮腫と静脈うっ滞性潰瘍に対して行う圧迫療法では、どのような違いがあるの?
Q.足変形によってできた潰瘍に荷重をかけないためには、フェルトをどのように使用するの?
Q.神経障害性潰瘍による壊疽を洗浄してもいいの?
Q.CLIの客観的評価指標であるABI検査、SPP検査、連続波ドプラ検査はどのように実施すればいいの?


糖尿病末梢神経障害、ハンマートゥ・クロウトゥ、シャルコーフット、胼胝、爪白癬、重症虚血脚(CLI)、静脈性潰瘍、リンパ浮腫、ガス壊疽、レイノー症状、Blue Toe症候群、血行再建術、デブリードマン後の足浴・スキンケア・感染、大切断、リハビリテーション、抗菌薬の使用方法、SPP・ABIなどに関する様々な知識・技術をお届けします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 こんなときどうする? 褥瘡管理Q&A
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!