看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

医療的ケア

最新介護福祉全書 13

医療的ケア



B5判/276頁/定価3,080円(本体2,800円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3167-5
第2版/2016年 12月


●説明
                                            
編集
川井太加子(桃山学院大学社会学部教授)

執筆(執筆順)
川井太加子(桃山学院大学社会学部教授)
西井 啓子(富山短期大学福祉学科教授)
五十嵐さゆり(福祉人材育成研究所M&L所長)
秋山 昌江(聖カタリナ大学人間健康福祉学部教授)
白井 孝子(東京福祉専門学校副学校長)
小林千恵子(金城大学社会福祉学部教授)
木村 久枝(松本短期大学介護福祉学科教授)
●目次
第1部 医療的ケアの実施の基礎

 第1章 なぜ医療的ケアを学ぶのか
  T 医療的ケア実施の基礎

 第2章 人間と社会
  T 個人の尊厳と自立
  U 医療の倫理
  V 利用者や家族の気持ちの理解

 第3章 保健医療制度とチーム医療
  T 保健医療に関する制度
  U 医行為に関係する法律
  V チーム医療と介護職員との連携

 第4章 安全な療養生活
  T 喀痰吸引や経管栄養の安全な実施
  U 救急蘇生

 第5章 感染予防と清潔保持
  T 感染予防
  U 介護職員の感染予防
  V 療養環境の清潔、消毒法
  W 滅菌と消毒

 第6章 健康状態の把握
  T 身体・精神の健康
  U 健康状態と知る項目(バイタルサインなど)
  V 急変状態について

第2部 喀痰吸引・経管栄養の基礎的知識・実施手順解説

 第1章 高齢者および障害児・者の「喀痰吸引」
  T  呼吸のしくみと働き
  U  いつもと違う呼吸状態
  V  喀痰吸引とは
  W  喀痰吸引で用いる器具・器材とそのしくみ、清潔の保持
  X  人工呼吸器と吸引
  Y  子どもの吸引
  Z  喀痰吸引に伴うケア
  [  吸引を受ける利用者や家族の気持ちと対応、説明と同意
  \  呼吸器系の感染と予防
  ]  喀痰吸引により生じる危険、事後の安全確認
  Ⅺ  急変・事故発生時の対応と事前対策
  Ⅻ  報告及び記録
  手順 喀痰吸引の実施の手順と留意点

 第2章 高齢者および障害児・者の「経管栄養」
  T  消化器系のしくみと働き
  U  消化器の主な症状
  V  経管栄養とは
  W  経管栄養で用いる器具・器材とそのしくみ、清潔の保持
  X  注入する内容に関する知識
  Y  経管栄養実施上の留意点
  Z  子どもの経管栄養について
  [  経管栄養に必要なケア
  \  経管栄養を受ける利用者や家族の気持ちと対応、説明と同意
  ]  経管栄養に関係する感染と予防
  Ⅺ  経管栄養により生じる危険、注入後の安全確認
  Ⅻ  急変・事故発生時の対応と事前対策
  ]V 報告および記録
  手順 経管栄養の実施の手順と留意点

資料1 医療的ケア実施手順早見表
資料2 評価項目と評価の視点
資料3 喀痰吸引等業務関連書類
付録  医療的ケアの実施手順 DVD
●その他
正誤表