看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護展望2014年10月号

『月刊雑誌』2014年10月号
Vol.39 No11 通巻487号

看護展望2014年10月号

PFMが導くスムーズな入退院 ベッドコントロールと退院支援の変革
B5判/88頁/定価1,512円(本体1,400円+税8%)
402100


●説明
特 集

PFMが導くスムーズな入退院
ベッドコントロールと退院支援の変革


 PFM(patient flow management)とは、患者の入院前に基本情報を収集し、これをベッドコントロールや退院支援などのために組織的に活用していくしくみであり、入院中の患者の時間をムダのない、中身の濃いものにするのに役立ちます。PFMを導入している病院では、在院日数の短縮や、病床稼働率の向上などがデータで示されています。そして、このシステムの中心を担うのは看護師です。
 本特集ではPFMを実践している病院の実例と成果などを紹介し、このシステムの効力を検証していきたいと思います。

●目次
Top Management――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

チャレンジを促す自由闊達な職場づくり
 日本赤十字社武蔵野赤十字病院 看護部長
 若林稲美氏に聞く



特  集――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

PFMが導くスムーズな入退院ベッドコントロールと退院支援の変革

病院経営からみたPFM
 急性期病院の生き残りの道

  /田中豊

(対談)PFMはどのように生まれ、何をもたらしたか
  /田中豊・柳澤美津代

東海大学医学部付属病院におけるPFM15年の取り組み
  /川口幸子

東京慈恵会医科大学葛飾医療センターにおけるPFMの取り組み
 そのしくみと事例にみる退院支援の実際

  /五味美春・板垣伸子

上都賀総合病院におけるPFM導入
 経緯と成果、今後の課題

  /齋藤由利子


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

行政の動き
  社会保障制度改革推進会議スタート 狙いは医療・介護費の抑制と増税?
  /水巻中正

Topics
  401名の認定看護管理者を新たに認定/介護療養病床存続の方向へ/福岡HIV感染訴訟で病院側に賠償命令
  /渡辺美佐緒


対談:看護の今を考える――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護学校が今すべきことA
 受け継いできたものを未来につなげるために
 荒川眞知子・興梠清美


管 理―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

管理的思考の育成! ケース・メソッド入門G
   ケース=G病院における外来看護の再構築
   外来看護の再構築;フレームワークを用いて分析力を鍛える

   /小池智子

実践的問題解決思考法I
   ロジックツリーの計画作成への応用
   /橋本竜也

教 育―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

一歩先の授業へ! 看護教員のための教授法入門I
   学習成果を評価する
   /中井俊樹・飯岡由紀子

教育レポート:「看護の統合と実践」の今
   地域特性を生かした「しま」における総合実習
   /吉田恵理子・松本幸子・堀内啓子

特別寄稿
   新人看護職員と実地指導者が共に学ぶ、多施設合同研修A
   /森下裕子・泊瀬川紀子・長谷川美枝子・小野敬子・目黒悟

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こころをみつめる Book Guide ●Vol.82
  コロナ・ブックス編集部著『作家の食卓』
  /皆藤 章

投稿
  小児看護学実習における一日看護師体験の効果
  /小林由香


●その他
2014年11月号――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
特集:ヒューマンエラーを防ぐ TeamSTEPPSⓇ

 米国の国防総省とAHRQ(医療研究・品質調査機構)により開発されたTeamSTEPPSⓇは、安全文化を共有した、風通しのよい医療チームをつくるための手法とされます。人間が行う行為に不可避的に紛れ込んでくるヒューマンエラーが「医療事故」にまで至らないよう、「システムの安全性を高める」ことと併せて、ヒューマンエラーに「人が(チームが)気づく力を高める」ための“安全文化の醸成”“危険予知能力の向上”などについても、様々な試みがなされてきました。TeamSTEPPSⓇは、後者の方向の努力をさらに進めて、組織として取り組みやすい、体系的な手法として確立したものと考えられます。
 本特集は、TeamSTEPPSⓇの実践病院の経験から、全病院的に取り組むためのポイントを学ぶものとします。

TeamSTEPPS®とは何か;医療安全における位置づけと期待
 
座談会TeamSTEPPS®に取り組んで何が変わったか
 東京慈恵会医科大学附属病院
TeamSTEPPS®への取り組みの経験から
 西隈菜穂子(近畿大学医学部奈良病院)
TeamSTEPPS®への取り組みの経験から
 福岡青洲会病院