看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2015年6月号

『月刊雑誌』2015年6月号
Vol.61 No7 通巻891号

看護技術2015年6月号

非がん患者の 緩和ケア
編集協力/宮下光令(東北大学大学院医学系研究科保健学専攻 緩和ケア看護学分野 教授)
B5判/96頁/定価1,296円(本体1,200円+税8%)
401060


●説明
 特 集


非がん患者の緩和ケア

編集協力/宮下光令(東北大学大学院医学系研究科保健学専攻 緩和ケア看護学分野 教授)

 近年,がん以外の領域においても,治療が奏功しなくなった終末期患者や,慢性疾患を抱えて終末期を迎える患者への緩和ケアが重要とされ,改めて注目が集まっている.特に慢性疾患を抱えた患者のケアにおいては,疾患ごとの経過や出現する症状の違いを踏まえて,患者の苦痛を緩和し,QOL を高めるケアを行うことが求められている.そのため,がん領域以外の看護師も,身体症状の緩和や精神面のケア,意思決定支援など,緩和ケアに必要な考え方や知識,技術を身につける意義は大きい.
 そこで本特集では,がん領域以外の看護師が緩和ケアの知識を身につけ,実践できるようになることをねらいとし,緩和ケアの考え方と様々な慢性疾患を抱える患者への緩和ケアの実際を紹介する.

Part1 緩和ケアの考え方と非がん疾患の緩和ケアの現状/宮下光令

Part2 疾患別 緩和ケアの実際
 @ 慢性呼吸器疾患/山本真由・他
 A 慢性心不全/田中奈緒子
 B 脳血管障害/種田ゆかり・他
 C 慢性腎臓病/齋藤 凡
 D 認知症/長谷川美智子
 E 神経難病/中井三智子,成田有吾

Part3 小児・若年者への緩和ケア/津村明美

Part4 精神疾患をもつ患者への緩和ケア/宮田 郁


 連 載

T h e A r t i s t
  千葉恵子(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 緩和ケア認定看護師)

スキントラブルの発生予測とケアに生かす スキンケアスキルアップ講座
  ICU患者のスキンケア@ NPPVマスク装着患者のスキンケア/志村知子

達人の技を身につける 事例にみるフットケアの実際
  下肢の血流障害がある足のケア:CLI(重症下肢虚血)/間宮直子

いつものケアの“ ついで”にできる! 看護師のためのベッドサイドリハ
  体位変換B 寝かせる介助/齋竹一子

事例で学ぶ! 認知症患者のアセスメントとケア
  病棟内を徘徊する患者/和田奈美子

原因予測と適切な初期対応に活かす 院内トリアージ
  動悸を訴える55歳男性/小石浩晴

ケアとして知っておきたい 経済的問題と役立つ制度
  臨床ではだれも教えてくれない制度@ 生命保険/賢見卓也

Q&A
  エコー編/近藤 匡
  X線編/近藤 匡
  心電図編/本多みち江,遠藤美代子
●その他
7月号は2015年6月20日発売!

特集


がん患者の家族ケア
編集協力/畠山とも子(福島県立医科大学看護学部 家族看護学部門 教授)

 がん患者が受ける身体的・精神的苦痛は家族にとっても大きな苦痛となる.また,患者の身のまわりの世話や経済的問題への対応,治療などに関する様々な意思決定などの責任を担う立場でもあり,家族が受ける負担は非常に大きい.このような背景より,がん患者を抱える家族は患者と同様に多くの支援を必要とする存在であり,看護師は患者のみならず家族も含めた家族全体を支援することが求められている.
 そこで本特集では,入院中と在宅の2つの療養の場における各時期の家族ケアの実践を解説することで,よりよい家族支援を実現することをねらいとする.

1.がん患者と家族のケア
2.入院中の患者と家族
 ❶診断された初期
 ❷再発などの治療の転機にある時期
 ❸予後不良の時期
3.在宅における患者と家族
 ❶退院して間もない時期
 ❷長期療養をしている時期
 ❸予後不良の時期
4.看護基礎教育におけるがん患者と家族のケア


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2015年4月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 全身疾患による皮膚症状と看護ケア
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2014年10月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 症状別 院内トリアージの知識と実践
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!