看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

事例で学ぶ看護学


<シリーズ最新刊>

事例で学ぶ小児看護学

事例で学ぶ小児看護学

編集/濱中 喜代 東京慈恵会医科大学医学部看護学科教授
B5判/192頁/定価2,376円(本体価格+消費税)
ISBN978-4-8392-1222-3

 本書には精選した13の事例を収載しています。
 事例を精選する際には、次の2点を条件としています。まず臨床現場でよく遭遇する事例であること、そして、初学者である学生に学んでほしい基本的な小児看護の要素を多く含んでいる事例であることです。
 事例を読み進めていくことで、学生が無理なく小児看護学のなかにある看護の普遍性を学び、アセスメント能力、思考過程(何をどのように考えていくか)を身につけ、それらを統合できる実践感覚をもてるように記述されています。また、理解を助けるための様々な工夫も随所にちりばめられています。さらに本書では、細かく「何が問題なのか」を考える「看護問題」ではなく、大きく「患者にどうなってほしいか」を考える「看護目標」をあげるという新しい方法を取り入れています。