看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

第49回 日本看護学会−看護教育−学術集会




緊急レポート 認定看護師制度のさらなる発展に向けて〜新たな認定看護師制度〜 の様子
 

口演発表の様子
   2018(平成30)年8月16日(木)・17日(金)、広島国際会議場(広島県・広島市)にて第49回日本看護学会−看護教育−学術集会が開催された(学術集会会長・川本ひとみ・広島県看護協会会長)。事前の参加受付時点で定員オーバーとなり、当日は両日合わせて3,500名を超える参加者が集まった。「未来をつかむ!Chance Challenge Changeで自ら成長する看護職」のテーマのとおり、これからの日本を見据えた看護職の在り方について講演や発表が行われた。

◆「人々のくらしと医療を支える」保健師・助産師・看護師
 初日の基調講演では、福井トシ子氏(日本看護協会・会長)がこれからの看護師に求められる力「情報の統合力、判断・対応力」の必要性について述べ、地域医療が進むにつれて複雑化してくる医療現場では1人で判断、対応できる力がすべての看護師に求められるようになると上記の内容を強調した。同氏は、看護専門学校の4年制化や認定看護師の地位向上など、看護師の臨床推論力や病態判断力の向上を目指すとし、保健師、助産師、看護師それぞれの分野で専門性の向上、レベルの統一、人材育成をさらに徹底していくことで、「人々のくらしと医療を支える」必要があると講演を締めくくった。


◆新たな認定看護師制度開始へ
緊急レポート 認定看護師制度のさらなる発展に向けて〜新たな認定看護師制度〜
 基調講演の内容を受けつつ、福井トシ子氏(日本看護協会・会長)と荒木暁子氏(日本看護協会・常任理事)による講演が行われた。福井氏は今後の地域完結型医療においては急性期〜在宅までを看護師、主に認定看護師が主導していく必要があると話し、それに向け、認定看護師制度の価値を維持向上させるために特定行為研修を組み込んでいくとした。また、認定看護師資格を取得した場合、患者にとってどのようなメリットのある看護が行えるのかをスライドでわかりやすく示しながら、認定看護師資格取得を促した。
 荒木氏は以下の新たな認定看護師制度について示しながら、認定看護師制度廃止の噂を強く否定した。
現行の認定看護師教育 終了:2026年
新認定看護師教育 開始  :2020年
※2026年受講者への配慮として、現行の認定看護師資格保有者の審査は2029年まで、更新は2039年まで設けるとした。
新認定看護師制度資格への移行支援についても、@科目履修の認可、A他の特定行為研修指定研修機関での履修認可などを行うと説明し、同日には相談ブースでのバックアップも行った。

(編集部・橋)